常緑ヤマボウシ樹高1.5m前後 ホンコンエンシス月光【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.29点/247
¥5940
Wイイかも

植え付け日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化し、紅葉も楽しめます。植え付け適期は落葉性のものは、2〜3月、常緑性3〜6月、10月頃が適期です。植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。剪定・管理特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。剪定適期:落葉性→1〜2月で常緑性→花の咲き終わった直後に行います。四季の管理植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。病害虫比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。 その他花付きがすばらしい常緑性のヤマボウシ/ホンコンエンシス月光花はもちろん、秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる!5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴で、その中でも優秀品種と言われるのが「ホンコンエンシス月光」です。花は、5〜6cmと小輪ですが、ヤマボウシの中でも非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。実もなり紅葉もしますので1年を通して鑑賞できるので近年、人気が急上昇中の樹木です。おすすめです!花芽がつきやすく全体に咲き誇ります。食べられる赤い実も付き鑑賞価値も高い。当店一番人気の「常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス月光」を是非お試し下さい!常緑ヤマボウシミズキ科 ミズキ属 常緑高木栽培適地九州〜東北植栽時期3〜5月及び10〜11月開花時期5〜6月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期9〜11月剪定時期花の咲き終わり直後紅葉時期10〜12月用途シンボルツリー・花木

【現品発送】ヤマボウシ ミルキーウェイ 株立 樹高2.0m-2.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

レビュー平均4.75点/109
¥12800
Wイイかも

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: YM31(2.2m) 新着!商品番号: YM32(2.3m) 新着!商品番号: YM33(2.3m) 新着! 商品番号: YM34(2.3m) 新着!商品番号: YM35(2.2m) 新着!商品番号: YM36(2.1m) 新着! 商品番号: YM37(2.0m) 新着!商品番号: YM38(2.1m) 新着!商品番号: YM39(2.2m) 新着! 商品番号: YM40(2.1m) 新着!商品番号: YM41(2.1m) 新着!商品番号: YM42(2.1m) 新着!商品番号: YM43(2.1m) 新着!商品番号: YM44(2.0m) 新着!商品番号: YM45(2.1m) 新着!商品番号: YM46(2.1m) [S2]ヤマボウシ 四季を通して楽しめる! ヤマボウシ ヤマボウシ(ベニフジ、紅富士) ヤマボウシ(サトミ、里美) ヤマボウシ(紅葉) ヤマボウシは、葉が出たあとの6月頃に枝先に花を咲かせます。真夏は、つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰をつくりだしてくれます。秋には実が熟し、紅葉の時期を迎えます。季節ごとに違う魅力をかねそなえた樹種はそう多くはありません。剪定しなくても整った樹形は、和風、洋風、自然風とどの様式の庭にも似合います。 分類 植栽適地 落葉高木 南北海道〜沖縄 種類 ミルキーウェイ 通常のヤマボウシより花つきがよく、花が大きく多花性なので見ごたえ十分なのが特徴です。 ベニフジ(紅富士) 紅色の端正な花が樹冠を覆うように咲きます。 サトミ(里美) 紅色丸弁の花を綺麗に咲かせる。 鑑賞ポイントと時期 5月下旬〜6月頃 先端がとがった端正な表情で樹幹を埋めるように綺麗な花が咲きます。上向きの花は上からの鑑賞にも向きます。 7〜8月頃 つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰を作り出してくれます 9月頃 赤い2cmぐらいの実をつけ、熟すと甘味があります 11月頃 紅葉を楽しめます 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日陰で、強い西日を避けた排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。“紅富士"は、日当たりの良い所の方が発色がよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは あまり肥料の必要はない。やせた土壌であれば、12月〜1月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を落葉時期に行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。

常緑ヤマボウシ樹高2.0m前後 ホンコンエンシス月光【最高品種】【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.21点/104
¥11059
Wイイかも

植え付け日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化し、紅葉も楽しめます。植え付け適期は落葉性のものは、2〜3月、常緑性3〜6月、10月頃が適期です。植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。剪定・管理特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。剪定適期:落葉性→1〜2月で常緑性→花の咲き終わった直後に行います。四季の管理植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。病害虫比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。 その他花付きがすばらしい常緑性のヤマボウシ/ホンコンエンシス月光花はもちろん、秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる!5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴で、その中でも優秀品種と言われるのが「ホンコンエンシス月光」です。花は、5〜6cmと小輪ですが、ヤマボウシの中でも非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。実もなり紅葉もしますので1年を通して鑑賞できるので近年、人気が急上昇中の樹木です。おすすめです!花芽がつきやすく全体に咲き誇ります。食べられる赤い実も付き鑑賞価値も高い。当店一番人気の「常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス月光」を是非お試し下さい!もっとお客様のレビューを見る>> 常緑ヤマボウシミズキ科 ミズキ属 常緑高木栽培適地九州〜東北植栽時期3〜5月及び10〜11月開花時期5〜6月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期9〜11月剪定時期花の咲き終わり直後紅葉時期10〜12月用途シンボルツリー・花木

常緑ヤマボウシ 樹高1.8m前後 ホンコンエンシス月光【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.11点/79
¥10584
Wイイかも

植え付け日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化し、紅葉も楽しめます。植え付け適期は落葉性のものは、2〜3月、常緑性3〜6月、10月頃が適期です。植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。剪定・管理特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。剪定適期:落葉性→1〜2月で常緑性→花の咲き終わった直後に行います。四季の管理植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。病害虫比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。 その他花付きがすばらしい常緑性のヤマボウシ/ホンコンエンシス月光花はもちろん、秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる!5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴で、その中でも優秀品種と言われるのが「ホンコンエンシス月光」です。花は、5〜6cmと小輪ですが、ヤマボウシの中でも非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。実もなり紅葉もしますので1年を通して鑑賞できるので近年、人気が急上昇中の樹木です。おすすめです!花芽がつきやすく全体に咲き誇ります。食べられる赤い実も付き鑑賞価値も高い。当店一番人気の「常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス月光」を是非お試し下さい!もっとお客様のレビューを見る>> 常緑ヤマボウシミズキ科 ミズキ属 常緑高木栽培適地九州〜東北植栽時期3〜5月及び10〜11月開花時期5〜6月施肥時期2月と8月〜9月果実熟期9〜11月剪定時期花の咲き終わり直後紅葉時期10〜12月用途シンボルツリー・花木

☆送料無料☆ 庭木:常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス・月光)樹高:約150cm 全高170cm ヤマト便(大型商品)発送!

レビュー平均4.31点/59
¥6980
Wイイかも

赤と白の花!源平ヤマボウシ(大株)はこちら! 株立ちの大株はコチラ!! 商品情報 樹種:常緑やまぼうし ホンコンエンシス・月光 撮影日:7月  常緑高木。 5月-6月ごろに白い花が咲きます。落葉のヤマボウシよりも花も葉も小ぶりですので、上品な感じがします。秋から冬にかけて紅葉し懐の葉は6割程度落葉します。 *プラスチックポットでのお届けとなります。 常緑ですが、寒さで葉がふるう(落ちている)場合があります。*数量物の為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高(根巻を含まない):約150cm  手入れ まず、深さ50cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定はできません。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 ヤマト便発送(※北海道・沖縄県は1梱包につき+2400円追加させていただきます)(配送方法に宅急便をお選び頂いても、ヤマト便発送に変更させていただきます。) 詳しくはこちら。 複数本ご注文の際は当店からお送りするご注文確認書をご確認ください。送料は再度お見積りさせて頂きます。 よくあるご質問 ラッピングはできますか? メッセージカードは付きますか? 配達日時指定はできますか? ×申し訳ございません。 ラッピング無しでも心を込めて、綺麗に包装いたします! ○無料で定型カードかオリジナルメッセージのいずれかをお選びいただけます。 ×大型ヤマト便配送となりますので、日時指定をお受けできません。ご了承くださいませ。 送り主を連名にできますか? 複数個の場合、送料はどうなるの? 送料無料の商品と通常商品を購入したら送料は? ○できます。ご請求先、もしくはコメント欄にご記入下さい。 1配送先につき、商品を複数ご注文の場合、送料は1個分となります。 1梱包であれば、送料無料です。

ヤマボウシ ミルキーウェイ株立 樹高2.0m以上【大型商品・配達日時指定不可】

レビュー平均4.72点/57
¥12800
Wイイかも

樹高は、約2.0mです(根鉢含まず)。 株立 送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S2]ヤマボウシ 四季を通して楽しめる! ヤマボウシ ヤマボウシ(ベニフジ、紅富士) ヤマボウシ(サトミ、里美) ヤマボウシ(紅葉) ヤマボウシは、葉が出たあとの6月頃に枝先に花を咲かせます。真夏は、つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰をつくりだしてくれます。秋には実が熟し、紅葉の時期を迎えます。季節ごとに違う魅力をかねそなえた樹種はそう多くはありません。剪定しなくても整った樹形は、和風、洋風、自然風とどの様式の庭にも似合います。 分類 植栽適地 落葉高木 南北海道〜沖縄 種類 ミルキーウェイ 通常のヤマボウシより花つきがよく、花が大きく多花性なので見ごたえ十分なのが特徴です。 ベニフジ(紅富士) 紅色の端正な花が樹冠を覆うように咲きます。 サトミ(里美) 紅色丸弁の花を綺麗に咲かせる。 鑑賞ポイントと時期 5月下旬〜6月頃 先端がとがった端正な表情で樹幹を埋めるように綺麗な花が咲きます。上向きの花は上からの鑑賞にも向きます。 7〜8月頃 つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰を作り出してくれます 9月頃 赤い2cmぐらいの実をつけ、熟すと甘味があります 11月頃 紅葉を楽しめます 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日陰で、強い西日を避けた排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。“紅富士"は、日当たりの良い所の方が発色がよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは あまり肥料の必要はない。やせた土壌であれば、12月〜1月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を落葉時期に行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ"(単木)樹高80cm前後 人気の常緑樹です!【あす楽対応_九州】

レビュー平均3.84点/56
¥810
Wイイかも

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用  途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理 特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。 剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。 剪定適期:落葉性→1〜2月で常緑性→花の咲き終わった直後に行います。 四季の管理 植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。 施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。 病害虫 比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。 殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。

シンボルツリーに大人気!!【常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス)樹高1.5m前後】

レビュー平均4.58点/53
¥7500
Wイイかも

1年を通して鑑賞出来る魅力的な樹種! 常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス) 花も実も楽しめる珍しい常緑樹で、シンボルツリーにもお勧めです。春の新緑の美しさ、新緑より少し遅れてやってくる真っ白な花! さらには秋の紅葉も素晴らしい、いくつもの魅力をもった樹です。   樹高 1.5m前後 【生育条件】 日当たりがよく、肥沃でやや湿潤な土質を好みます。              【管理方法】 放任しても樹形は整いますので、剪定はほとんど必要ありません。特に問題がなければ枯れた枝や株元から勢いよく伸び出てくる枝を切る最小限の作業で充分です。  

【現品発送】常緑ヤマボウシ「月光」本株立 樹高1.6m-1.9m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

レビュー平均4.72点/32
¥12800
Wイイかも

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: GK31(1.6m) 新着! 商品番号: GK32(1.8m) 新着! 商品番号: GK33(1.8m) 新着! 商品番号: GK34(1.7m) 新着! 商品番号: GK25(1.7m) 新着! 商品番号: GK36(1.7m) 新着! 商品番号: GK37(1.8m) 新着! 商品番号: GK38(1.7m) 新着! 商品番号: GK39(1.9m) 新着! 商品番号: GK40(1.9m) 新着! 商品番号: GK41(1.9m) 新着! 商品番号: GK42(1.7m) [S1.5, 2]常緑ヤマボウシ 四季を通して楽しめる! 常緑ヤマボウシは、通年を通して葉をつけており、中でも月光は花つきがとても良いのが特徴です。秋には実が熟し、紅葉の時期を迎えます。季節ごとに違う魅力をかねそなえた樹種はそう多くはありません。剪定しなくても整った樹形は、和風、洋風、自然風とどの様式の庭にも似合います。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東〜沖縄 種類 月光 通常のヤマボウシより花つきがよいので見ごたえ十分なのが特徴です。 鑑賞ポイントと時期 5月下旬〜6月頃 先端がとがった端正な表情で樹幹を埋めるように綺麗な花が咲きます。上向きの花は上からの鑑賞にも向きます。 7〜8月頃 つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰を作り出してくれます 9月頃 赤い2cmぐらいの実をつけ、熟すと甘味があります 11月頃 葉が赤くなり、紅葉を楽しめます 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日陰で、強い西日を避けた排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度をに行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。 常緑ヤマボウシの冬〜春にかけての葉の変化 冬場から春にかけての常緑ヤマボウシは、下記の写真の様に寒くなると葉が紅葉して、季節的に葉が少くなります。又、葉が縮こまります。 春頃は、古い葉を落とし、新しく新芽が芽吹いてきてくれる時期です。初夏頃には綺麗な葉に入れ替わります。 2年目以降(定植後)は、落葉が少なくなります。 寒さで赤色に紅葉したりします

ヤマボウシ 白花 株立 2.5m-3.0m程度(根鉢含まず)

レビュー平均4.87点/31
¥18144
Wイイかも

【現品発送】 お好みの樹形をお選びいただけます。 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてお申し込み下さい。 ▼ 現品ラインナップ ▼ ※写真をクリックすると大きい写真が表示されます。 全国一律送料2800円 ※離島は別途料金がかかります。 ※写真撮影日(2017年1月31日) ※木の状態は季節により変化いたします。 ※女性スタッフの身長は約150cmです。 ▼ お届けについて必ずお読み下さい ▼ ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。 ★ その他の現在販売中のヤマボウシ「白花」はこちら ★ 商品詳細 属性Cornus kousa ミズキ科ミズキ属 植栽環境南北海道〜沖縄難易度初心者向き タイプ落葉高木鑑賞時期花:5月〜6月 実:10月 日照条件日向〜半日陰葉張り3〜4m程度 最終樹高(成長の早さ)約6m程度(約0.1〜0.2m/年)※最終樹高は環境により異なります。鉢植えや養分豊富でない環境では成長が遅くなります。 特徴花、実、紅葉、落葉後の樹形等、1年を通して楽しめる人気の落葉樹です。 病害虫にも強く初心者にもお勧めです。 原種の白花の特徴は、白が濃く美しいこと。 シンボルツリーにすれば、その存在感を発揮します。 高さと葉張りが出やすいので、なるべく余裕のある場所に植えつけるようにします。 ヤマボウシの育て方 植え付け環境 日当たり、水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割〜9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバークたい肥を1割程度をすきこみます。 肥料 定植後に緩効性有機肥料(鶏糞、油粕)を与えると良いでしょう。 その後は生育に合わせて与えるようにします。 植え付け時期 真冬の落葉後が適期です。それ以外は8月を避けるようにすれば大丈夫です。 葉がついている時期に定植する場合、定植後葉がしおれた時は、半分程度葉をむしって下さい。 そうすることで葉からの蒸散が抑制され、根が回復し、元気になります。 害虫・消毒など あまり必要ありません。害虫は見つけ次第補殺します。 剪定方法 自然と樹形が整いますので、剪定は必要ありません。 大きさを制限したい場合は、落葉期に剪定をしますが自然な樹形が持ち味なので枝分かれした箇所で太い枝を切除して、細い枝に更新するように切ります。ヤマボウシ 新緑にスマートな純白の花が映えます。

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ"(株立ち)樹高1.2m前後 人気の常緑樹です!【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.13点/31
¥2678
Wイイかも

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用  途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理 特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。 剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。 剪定適期:落葉性→1〜2月で常緑性→花の咲き終わった直後に行います。 四季の管理 植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。 施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。 病害虫 比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。 殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。

【現品発送】常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス「月光」本株立 樹高1.8m-2.3m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

レビュー平均4.69点/26
¥16800
Wイイかも

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着!商品番号: GE01(2.2m) 新着! 商品番号: GE02(2.0m) 新着!商品番号: GE03(2.0m) 新着! 商品番号: GE04(2.1m) 新着!商品番号: GE05(2.2m) 新着!商品番号: GE06(2.0m) 新着! 商品番号: GE07(2.0m) 新着! 商品番号: GE08(2.0m) 新着! 商品番号: GE09(1.9m) 新着! 商品番号: GE10(2.1m) 新着!商品番号: GE11(2.0m) 新着! 商品番号: GE12(2.0m) 新着!商品番号: GE13(1.9m) 新着! 商品番号: GE14(1.8m) [S2]常緑ヤマボウシ 四季を通して楽しめる! 常緑ヤマボウシは、通年を通して葉をつけており、中でも月光は花つきがとても良いのが特徴です。秋には実が熟し、紅葉の時期を迎えます。季節ごとに違う魅力をかねそなえた樹種はそう多くはありません。剪定しなくても整った樹形は、和風、洋風、自然風とどの様式の庭にも似合います。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東〜沖縄 種類 月光 通常のヤマボウシより花つきがよいので見ごたえ十分なのが特徴です。 鑑賞ポイントと時期 5月下旬〜6月頃 先端がとがった端正な表情で樹幹を埋めるように綺麗な花が咲きます。上向きの花は上からの鑑賞にも向きます。 7〜8月頃 つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰を作り出してくれます 9月頃 赤い2cmぐらいの実をつけ、熟すと甘味があります 11月頃 葉が赤くなり、紅葉を楽しめます 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日陰で、強い西日を避けた排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度をに行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。 常緑ヤマボウシの冬〜春にかけての葉の変化 冬場から春にかけての常緑ヤマボウシは、下記の写真の様に寒くなると葉が紅葉して、季節的に葉が少くなります。又、葉が縮こまります。 春頃は、古い葉を落とし、新しく新芽が芽吹いてきてくれる時期です。初夏頃には綺麗な葉に入れ替わります。 2年目以降(定植後)は、落葉が少なくなります。 寒さで赤色に紅葉したりします

ヤマボウシ株立ち樹高1.8〜2.0m前後(根鉢含まず)

レビュー平均4.32点/25
¥26600
Wイイかも

【分類】ミズキ科ヤマボウシ属 【特性】落葉性 【用途】地植え・鉢植え(室内不可) 【耐暑性】普通 【耐寒性】普通 【適地】北海道中部から沖縄まで 【草丈・樹高】7〜10m位(環境による) 【開花期】6〜7月 【花色・葉色】白花(総苞片)・緑葉・紅葉あり 【植え付け】12〜3月 【日照】半日陰〜日なた(西日が当たらない) 【用土】赤玉土7:腐葉土3の割合・水はけの良い適度に湿度がある土壌 【水やり】地植えの場合一度根付いたら基本的に不要・鉢植えの場合は土が乾いていたら水やりする程度 【肥料】12〜3月 固形の油かすなど 【剪定】自然樹形でも可・花後(必要に応じて樹形を整える) 【受粉樹】不要 【病気】 うどんこ病など 【害虫】 カミキリムシなど 【その他】難易度 中

【現品発送】常緑ヤマボウシホンコンエンシス「月光」 樹高1.9m-2.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

レビュー平均4.71点/24
¥14800
Wイイかも

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: GK01(2.1m) 新着! 商品番号: GK02(2.5m) 新着! 商品番号: GK03(2.2m) 新着! 商品番号: GK04(2.0m) 新着! 商品番号: GK05(2.0m) 新着! 商品番号: GK06(2.0m) 新着! 商品番号: GK07(1.9m) 新着! 商品番号: GK08(1.9m) 新着! 商品番号: GK09(1.9m) 新着! 商品番号: GK10(2.2m) 新着! 商品番号: GK11(2.0m) 新着! 商品番号: GK12(2.0m) 新着! 商品番号: GK13(2.0m) 新着! 商品番号: GK14(2.2m) 新着! 商品番号: GK15(2.3m) 新着! 商品番号: GK16(2.2m) 新着! 商品番号: GK17(2.2m) 新着! 商品番号: GK18(2.0m) [S2]常緑ヤマボウシ 四季を通して楽しめる! 常緑ヤマボウシは、通年を通して葉をつけており、中でも月光は花つきがとても良いのが特徴です。秋には実が熟し、紅葉の時期を迎えます。季節ごとに違う魅力をかねそなえた樹種はそう多くはありません。剪定しなくても整った樹形は、和風、洋風、自然風とどの様式の庭にも似合います。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東〜沖縄 種類 月光 通常のヤマボウシより花つきがよいので見ごたえ十分なのが特徴です。 鑑賞ポイントと時期 5月下旬〜6月頃 先端がとがった端正な表情で樹幹を埋めるように綺麗な花が咲きます。上向きの花は上からの鑑賞にも向きます。 7〜8月頃 つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰を作り出してくれます 9月頃 赤い2cmぐらいの実をつけ、熟すと甘味があります 11月頃 葉が赤くなり、紅葉を楽しめます 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日陰で、強い西日を避けた排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度をに行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。 常緑ヤマボウシの冬〜春にかけての葉の変化 冬場から春にかけての常緑ヤマボウシは、下記の写真の様に寒くなると葉が紅葉して、季節的に葉が少くなります。又、葉が縮こまります。 春頃は、古い葉を落とし、新しく新芽が芽吹いてきてくれる時期です。初夏頃には綺麗な葉に入れ替わります。 2年目以降(定植後)は、落葉が少なくなります。 寒さで赤色に紅葉したりします

ジョウリョクヤマボウシ / 樹高1.5m前後 根巻きorポットバック入り 【送料無料】 常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス月光

レビュー平均4.62点/21
¥6280
Wイイかも

じょうりょくやまぼうし/ ジョウリョクヤマボウシ/【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1〜3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間〜程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

【現品発送】ヤマボウシ ミルキーウェイ 株立 樹高2.4-2.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

レビュー平均4.74点/19
¥16800
Wイイかも

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: YD31(2.5m) 新着! 商品番号: YD32(2.6m) 新着! 商品番号: YD33(2.4m) 新着! 商品番号: YD34(2.5m) 新着! 商品番号: YD35(2.4m) 新着! 商品番号: YD36(2.5m) 新着! 商品番号: YD37(2.4m) [S2]ヤマボウシ 四季を通して楽しめる! ヤマボウシ ヤマボウシ(ベニフジ、紅富士) ヤマボウシ(サトミ、里美) ヤマボウシ(紅葉) ヤマボウシは、葉が出たあとの6月頃に枝先に花を咲かせます。真夏は、つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰をつくりだしてくれます。秋には実が熟し、紅葉の時期を迎えます。季節ごとに違う魅力をかねそなえた樹種はそう多くはありません。剪定しなくても整った樹形は、和風、洋風、自然風とどの様式の庭にも似合います。 分類 植栽適地 落葉高木 南北海道〜沖縄 種類 ミルキーウェイ 通常のヤマボウシより花つきがよく、花が大きく多花性なので見ごたえ十分なのが特徴です。 ベニフジ(紅富士) 紅色の端正な花が樹冠を覆うように咲きます。 サトミ(里美) 紅色丸弁の花を綺麗に咲かせる。 鑑賞ポイントと時期 5月下旬〜6月頃 先端がとがった端正な表情で樹幹を埋めるように綺麗な花が咲きます。上向きの花は上からの鑑賞にも向きます。 7〜8月頃 つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰を作り出してくれます 9月頃 赤い2cmぐらいの実をつけ、熟すと甘味があります 11月頃 紅葉を楽しめます 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日陰で、強い西日を避けた排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。“紅富士"は、日当たりの良い所の方が発色がよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは あまり肥料の必要はない。やせた土壌であれば、12月〜1月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を落葉時期に行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。

ヤマボウシ 白花 株立 2.5m-2.6m程度(根鉢含まず)

レビュー平均4.65点/17
¥17064
Wイイかも

【送料】全国一律2800円 ※離島は別途料金がかかります。 ※写真撮影日(yiz:2017年3月9日、yys:2017年1月30日) ※木の状態は季節により変化いたします。 お届けについて必ずお読み下さい ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。 その他の現在販売中のヤマボウシ「白花」はこちら 商品詳細 属性Cornus kousa ミズキ科ミズキ属 植栽環境南北海道〜沖縄 難易度初心者向き タイプ落葉高木 鑑賞時期花:5月〜6月 実:10月 日照条件日向〜半日陰 葉張り3〜4m程度 最終樹高(成長の早さ)約6m程度(約0.1〜0.2m/年)※最終樹高は環境により異なります。鉢植えや養分豊富でない環境では成長が遅くなります。 特徴花、実、紅葉、落葉後の樹形等、1年を通して楽しめる人気の落葉樹です。 病害虫にも強く初心者にもお勧めです。 原種の白花の特徴は、白が濃く美しいこと。 シンボルツリーにすれば、その存在感を発揮します。 高さと葉張りが出やすいので、なるべく余裕のある場所に植えつけるようにします。 ヤマボウシの育て方 植え付け環境日当たり、水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割〜9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバークたい肥を1割程度をすきこみます。 肥料定植後に緩効性有機肥料(鶏糞、油粕)を与えると良いでしょう。 その後は生育に合わせて与えるようにします。 肥料は根から離れたところに散布しましょう。 植え付け時期真冬の落葉後が適期です。それ以外は8月を避けるようにすれば大丈夫です。 葉がついている時期に定植する場合、定植後葉がしおれた時は、半分程度葉をむしって下さい。 そうすることで葉からの蒸散が抑制され、根が回復し、元気になります。 害虫・消毒などあまり必要ありません。害虫は見つけ次第補殺します。 剪定方法自然と樹形が整いますので、剪定は必要ありません。 大きさを制限したい場合は、落葉期に剪定をしますが自然な樹形が持ち味なので枝分かれした箇所で太い枝を切除して、細い枝に更新するように切ります。ヤマボウシ 新緑にスマートな純白の花が映えます。

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ"(株立ち)樹高1.0m前後 人気の常緑樹です!【あす楽対応_九州】

レビュー平均3.93点/14
¥2160
Wイイかも

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用  途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理 特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。 剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。 剪定適期:落葉性→1〜2月で常緑性→花の咲き終わった直後に行います。 四季の管理 植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。 施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。 病害虫 比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。 殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。

ヤマボウシ(株立ち)樹高1.5m前後 シンボルツリーに最適です♪【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.54点/13
¥6750
Wイイかも

ヤマボウシ ミズキ科 落葉高木 商品説明 ヤマボウシは高さ10メートルに達する落葉高木です。幹は灰褐色で秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。 果実は熟すと赤くなり、イチゴのようにも見えます。果肉は柔らかく甘く、食べられます。花、果実とともに見逃せないのが秋の紅葉で、モミジなどとはまた違った感じで楽しめます♪ 花・実期 紅葉時期 【花期】6月〜7月【実期】8月〜10月【紅葉】10月〜12月 適地・管理 ヤマボウシは乾燥を嫌いますので、湿潤で肥沃な場所に『高植え』にするのが良いです。日当たりの良い場所を好みます。日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。 用途 シンボルツリーに最適です!

ヤマボウシ 白花 株立 2.0m-2.1程度(根鉢含まず)

レビュー平均4.67点/9
¥13824
Wイイかも

【現品発送】 お好みの樹形をお選びいただけます。 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてお申し込み下さい。 ▼ 現品ラインナップ ▼ ※写真をクリックすると大きい写真が表示されます。 全国一律送料2800円 ※離島は別途料金がかかります。 ※写真撮影日(2017年1月28日) ※木の状態は季節により変化いたします。 ▼ お届けについて必ずお読み下さい ▼ ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。 ★ その他の現在販売中のヤマボウシ「白花」はこちら ★ 商品詳細 属性Cornus kousa ミズキ科ミズキ属 植栽環境南北海道〜沖縄難易度初心者向き タイプ落葉高木鑑賞時期花:5月〜6月 実:10月 日照条件日向〜半日陰葉張り3〜4m程度 最終樹高(成長の早さ)約6m程度(約0.1〜0.2m/年)※最終樹高は環境により異なります。鉢植えや養分豊富でない環境では成長が遅くなります。 特徴花、実、紅葉、落葉後の樹形等、1年を通して楽しめる人気の落葉樹です。 病害虫にも強く初心者にもお勧めです。 原種の白花の特徴は、白が濃く美しいこと。 シンボルツリーにすれば、その存在感を発揮します。 高さと葉張りが出やすいので、なるべく余裕のある場所に植えつけるようにします。 ヤマボウシの育て方 植え付け環境 日当たり、水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割〜9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバークたい肥を1割程度をすきこみます。 肥料 定植後に緩効性有機肥料(鶏糞、油粕)を与えると良いでしょう。 その後は生育に合わせて与えるようにします。 植え付け時期 真冬の落葉後が適期です。それ以外は8月を避けるようにすれば大丈夫です。 葉がついている時期に定植する場合、定植後葉がしおれた時は、半分程度葉をむしって下さい。 そうすることで葉からの蒸散が抑制され、根が回復し、元気になります。 害虫・消毒など あまり必要ありません。害虫は見つけ次第補殺します。 剪定方法 自然と樹形が整いますので、剪定は必要ありません。 大きさを制限したい場合は、落葉期に剪定をしますが自然な樹形が持ち味なので枝分かれした箇所で太い枝を切除して、細い枝に更新するように切ります。ヤマボウシ 新緑にスマートな純白の花が映えます。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ/月光 2.0m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

レビュー平均4点/9
¥12960
Wイイかも

→送料無料セットはこちら常緑ヤマボウシ/月光 商品一覧1.2m露地6000円/在庫×1.5m8000円/在庫○1.7m10000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○2.3m露地16000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じミズキ科ミズキ属の商品サンシュユハナミズキハナミズキ/チェロキーチーフ赤花ハナミズキ/クラウドナイン白花ハナミズキ赤花ハナミズキ白花ハナミズキ/ステラピンクミズキクマノミズキ常緑ヤマボウシ/月光ヤマボウシヤマボウシ/サトミ源平ヤマボウシヤマボウシ/ミルキーウェイ常緑ヤマボウシ斑入り常緑ヤマボウシ斑入り【常緑ヤマボウシ】読み:じょうりょくやまぼうし/げっこう学名:Cornus hongkongensis ミズキ科ミズキ属常緑高木【商品情報】ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。【育て方】日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月〜3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。適地=東北以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=7m施肥時期=2月or6月剪定時期=1〜3月開花時期=6月果実=8〜10月用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】常緑ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木。シンボルツリーでは珍しい常緑品種です。花が咲き実もなりますので植えていて楽しい品種です。

ヤマボウシ(山法師) 白花 株立ち 1.8m

レビュー平均4.25点/8
¥9504
Wイイかも

※写真は見本品です。 葉の茂った写真は16年6月16日に撮影。 落葉時の写真は17年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172c-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州〜琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月〜7月 【結実期】10月 【成木】5m〜10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月〜7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、 たっぷりと水を与えて乾燥させないように管理することが必要です。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、花後に行い、自然樹形を残すように伸びた枝を切り詰めたり、混み合った枝を間引く程度にしてください 放置すると高くなりすぎるので、目的の高さで芯をとめ、お好みの樹形にしましょう。 施肥は冬に行います。病害虫はあまりありませんが、風通しの悪い場所ではウドンコ病が発生することがあります。 また、害虫ではアブラムシ、毛虫などが発生することがあります。 多い場合は、殺菌剤や殺虫剤の散布が必要です。 赤花ヤマボウシ(ミスサトミ) 希少なヤマボウシの赤花品種です。最初は外側から薄く色づき始め、徐々に中心まで色づていきます。色が染まっていく過程も楽しむことができます。 →赤花ヤマボウシ(ミスサトミ)はこちら ロングデイズ 開花が長期間あり、長く花を楽しめます。矮性のため、樹高の低い段階から花を楽しめる品種です。 →ロングデイズはこちら 源平(ゲンペイ) 1株に紅色と白色の花が咲く品種です。紅と白の花が別々に咲くのではなく、白い花が咲いて次第に紅色に変わるので、同じ木に紅白の花が咲いているように見えます。 →源平(ゲンペイ)はこちら ビーナス 白花の大輪種です。 若木のうちから花つきがよく、白い大輪花がたくさん咲く姿は圧巻です →ビーナスはこちら 斑入りヤマボウシ 花後も楽しめる、華麗にお庭を彩る斑入り葉ヤマボウシです。白い覆輪が入るウルフアイ、赤花の斑入り品種の暁(アカツキ)、黄斑入り葉ヒロセヴァリエガタなど品種は多岐にわたります。 →斑入りヤマボウシはこちら 常緑ヤマボウシ 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 →常緑ヤマボウシはこちら ヤマボウシ(白花) 庭木として人気の白花ヤマボウシです。花、実、紅葉と四季折々の姿を見ることのできる年中楽しめる品種です。冬は落葉します。 →その他のヤマボウシ(白花)はこちら

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ"(株立ち)樹高2.0m前後 人気の常緑樹です!【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.63点/8
¥16200
Wイイかも

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用  途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理 特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。 剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。 剪定適期:落葉性→1〜2月で常緑性→花の咲き終わった直後に行います。 四季の管理 植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。 施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。 病害虫 比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。 殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。

常緑ヤマボウシホンコンエンシス「月光」株立ち樹高1.8〜2.0m前後(根鉢含まず)

レビュー平均4.14点/7
¥32600
Wイイかも

【分類】ミズキ科ヤマボウシ属 【特性】常緑性 【用途】地植え・鉢植え(室内不可) 【耐暑性】普通 【耐寒性】普通 【適地】関東南部から沖縄まで 【草丈・樹高】7〜10m位(環境による) 【開花期】5〜6月 【花色・葉色】白花(総苞片)・緑葉 【植え付け】12〜3月 【日照】半日陰〜日なた(西日が当たらない) 【用土】赤玉土7:腐葉土3の割合・水はけの良い適度に湿度がある土壌 【水やり】地植えの場合一度根付いたら基本的に不要・鉢植えの場合は土が乾いていたら水やりする程度 【肥料】12〜3月 固形の油かすなど 【剪定】自然樹形でも可・花後(必要に応じて樹形を整える) 【受粉樹】不要 【病気】 うどんこ病など 【害虫】 カミキリムシなど 【その他】難易度 中、花(総苞片)が小さめ

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ"(株立ち)樹高1.5m前後【常緑樹】【あす楽対応_九州】

レビュー平均4.14点/7
¥7560
Wイイかも

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用  途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理 特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。 剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。 剪定適期:落葉性→1〜2月で常緑性→花の咲き終わった直後に行います。 四季の管理 植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。 施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。 病害虫 比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。 殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ/月光 1.7m 【あす楽対応】

レビュー平均3.71点/7
¥10800
Wイイかも

→送料無料セットはこちら常緑ヤマボウシ/月光 商品一覧1.2m露地6000円/在庫×1.5m8000円/在庫○1.7m10000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○2.3m露地16000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じミズキ科ミズキ属の商品サンシュユハナミズキハナミズキ/チェロキーチーフ赤花ハナミズキ/クラウドナイン白花ハナミズキ赤花ハナミズキ白花ハナミズキ/ステラピンクミズキクマノミズキ常緑ヤマボウシ/月光ヤマボウシヤマボウシ/サトミ源平ヤマボウシヤマボウシ/ミルキーウェイ常緑ヤマボウシ斑入り常緑ヤマボウシ斑入り【常緑ヤマボウシ】読み:じょうりょくやまぼうし/げっこう学名:Cornus hongkongensis ミズキ科ミズキ属常緑高木【商品情報】ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。【育て方】日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月〜3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。適地=東北以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=7m施肥時期=2月or6月剪定時期=1〜3月開花時期=6月果実=8〜10月用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】常緑ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木。シンボルツリーでは珍しい常緑品種です。花が咲き実もなりますので植えていて楽しい品種です。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ株立ち 2.0m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

レビュー平均4.71点/7
¥12960
Wイイかも

→送料無料セットはこちらヤマボウシ 商品一覧0.3m10.5cmポット400円/在庫○0.5m10.5cmポット500円/在庫○0.8m10.5cmポット600円/在庫○1.0m15cmポット1100円/在庫○1.2m15cmポット1800円/在庫○単木1.2m露地6000円/在庫○1.5m15cmポット2500円/在庫○単木1.5m露地7000円/在庫○単木1.7m露地8000円/在庫○単木2.0m露地12000円/在庫○単木2.3m露地16000円/在庫○単木2.5m露地18000円/在庫○株立ち1.0m露地6000円/在庫×株立ち1.2m露地7000円/在庫○株立ち1.5m露地8000円/在庫○株立ち1.7m露地10000円/在庫○株立ち2.0m露地12000円/在庫○株立ち2.3m露地16000円/在庫○株立ち2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じミズキ科ミズキ属の商品サンシュユハナミズキハナミズキ/チェロキーチーフ赤花ハナミズキ/クラウドナイン白花ハナミズキ赤花ハナミズキ白花ハナミズキ/ステラピンクミズキクマノミズキ常緑ヤマボウシ/月光ヤマボウシヤマボウシ/サトミ源平ヤマボウシヤマボウシ/ミルキーウェイ常緑ヤマボウシ斑入り常緑ヤマボウシ斑入り【ヤマボウシ】(山法師)読み:やまぼうし学名:Benthamidia japonicaミズキ科ミズキ属落葉高木別名:【名前の由来】4枚の白い花びらを頭巾をかぶった法師に見立てて。【商品情報】ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。【育て方】日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月〜3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。適地=東北以南日照り=日向樹形=卵形最終樹高=6〜7m施肥時期=2月or6月剪定時期=1〜3月開花時期=6月果実=8〜10月用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木です。自然な美しい樹形と白い花が咲きます。樹勢が強いため刈り込みにも耐えます。

送料無料! 庭木:常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス・月光) 株立ち(2〜5本立ち)樹高:約160cm 全高180cm ヤマト便(大型商品)発送

レビュー平均4.8点/5
¥18000
Wイイかも

赤と白の花!源平ヤマボウシ(大株)はこちら! 足元に植える花苗はこちら! 商品情報 樹種:常緑やまぼうし ホンコンエンシス・月光 撮影日:10月  常緑高木。 5月-6月ごろに白い花が咲きます。落葉のヤマボウシよりも花も葉も小ぶりですので、上品な感じがします。秋から冬にかけて紅葉し懐の葉は6割程度落葉します。 *根巻き(ポット無)でのお届けとなります。 常緑ですが、寒さで葉がふるう(落ちている)場合があります。*数量物の為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高(根巻を含まない):約160cm 幅80cm 根巻径:約35cm  手入れ まず、深さ50cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定はできません。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 送料無料ヤマト便発送 大型植木サイズ (※北海道・沖縄県は1梱包につき+2400円追加させていただきます) ※配送方法に宅急便をお選び頂いても、ヤマト便発送に変更させていただきます。 よくあるご質問 ラッピングはできますか? メッセージカードは付きますか? 配達日時指定はできますか? ×申し訳ございません。 ラッピング無しでも心を込めて、綺麗に包装いたします! ○無料で定型カードかオリジナルメッセージのいずれかをお選びいただけます。 ×大型ヤマト便配送となりますので、日時指定をお受けできません。ご了承くださいませ。 送り主を連名にできますか? 複数個の場合、送料はどうなるの? 送料無料の商品と通常商品を購入したら送料は? ○できます。ご請求先、もしくはコメント欄にご記入下さい。 1配送先につき、商品を複数ご注文の場合、送料は1個分となります。 1梱包であれば、送料無料です。

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.8m 50603r

レビュー平均4.5点/4
¥14040
Wイイかも

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※高さ調節のため、上部を剪定しております この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州〜琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月〜7月 【結実期】10月 【成木】5m〜10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月〜7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、 たっぷりと水を与えて乾燥させないように管理することが必要です。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、花後に行い、自然樹形を残すように伸びた枝を切り詰めたり、混み合った枝を間引く程度にしてください 放置すると高くなりすぎるので、目的の高さで芯をとめ、お好みの樹形にしましょう。 施肥は冬に行います。病害虫はあまりありませんが、風通しの悪い場所ではウドンコ病が発生することがあります。 また、害虫ではアブラムシ、毛虫などが発生することがあります。 多い場合は、殺菌剤や殺虫剤の散布が必要です。 赤花ヤマボウシ(ミスサトミ) 希少なヤマボウシの赤花品種です。最初は外側から薄く色づき始め、徐々に中心まで色づていきます。色が染まっていく過程も楽しむことができます。 →赤花ヤマボウシ(ミスサトミ)はこちら ロングデイズ 開花が長期間あり、長く花を楽しめます。矮性のため、樹高の低い段階から花を楽しめる品種です。 →ロングデイズはこちら 源平(ゲンペイ) 1株に紅色と白色の花が咲く品種です。紅と白の花が別々に咲くのではなく、白い花が咲いて次第に紅色に変わるので、同じ木に紅白の花が咲いているように見えます。 →源平(ゲンペイ)はこちら ビーナス 白花の大輪種です。 若木のうちから花つきがよく、白い大輪花がたくさん咲く姿は圧巻です →ビーナスはこちら 斑入りヤマボウシ 花後も楽しめる、華麗にお庭を彩る斑入り葉ヤマボウシです。白い覆輪が入るウルフアイ、赤花の斑入り品種の暁(アカツキ)、黄斑入り葉ヒロセヴァリエガタなど品種は多岐にわたります。 →斑入りヤマボウシはこちら 常緑ヤマボウシ 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 →常緑ヤマボウシはこちら ヤマボウシ(白花) 庭木として人気の白花ヤマボウシです。花、実、紅葉と四季折々の姿を見ることのできる年中楽しめる品種です。冬は落葉します。 →その他のヤマボウシ(白花)はこちら

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ"(株立ち)樹高1.8m前後 人気の常緑樹です!【あす楽対応_九州】

レビュー平均2.75点/4
¥12960
Wイイかも

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用  途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理 特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。 剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。 剪定適期:落葉性→1〜2月で常緑性→花の咲き終わった直後に行います。 四季の管理 植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。 施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。 病害虫 比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。 殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。

@スポンサー