■送料無料■関あじ関さば りゅうきゅうセット【4袋入】【楽ギフ_のし】

レビュー平均3.77点/13
¥3780
Wイイかも

ギフト対応 新鮮な関あじと関さばを甘辛いたれに漬け込んだ、大分の漁 師めし「りゅうきゅう」のセット。 漁獲後に生簀に放した関あじ・関さばを、活締め処理して十分に血抜きを行ってから急速冷凍するので、鮮度が抜群だ 【大分県漁業協同組合 佐賀関支店販売所】 大分市大字白木佐賀関漁港埋立地小島 ○内容量:関あじのりゅうきゅう 80g×2袋      関さばのりゅうきゅう 80g×2袋 ○原材料:関あじのりゅうきゅう〔まあじ(関あじ)・しょうゆ(大分県産大豆)・米発酵調味料・砂糖・くろめ(コンブ科カジメ)・魚醤・醸造酢・調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦・大豆を含む) 関さばのりゅうきゅう 〔まさば(関さば)・しょうゆ(大分県産大豆)・米発酵調味料・砂糖・くろめ(コンブ科カジメ)・魚醤・醸造酢・調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦・大豆を含む) ○配送形態:冷凍 ○保存方法:冷凍 ○賞味期限:冷凍 360日・冷蔵に切替後3日 ○熨斗:可 ○包装:不可 ○備考:ダンボールにてお届けします 【生産者】大分県漁業協同組合 佐賀関支店販売所 大分市大字白木佐賀関漁港埋立地小島■こちらもおすすめ■

「はなまるマーケット」で紹介!福井県名産「さばのへしこ」【さばを糠に漬け込んだ珍味】大きな2Lサイズを1本

レビュー平均4点/2
¥1543
Wイイかも

【福井県優良土産推奨品】 「さば(サバ)のへしこ」 美味逸品 商品説明 平成20年11月12日のTBS「はなまるマーケット(はなまるカフェで、川合俊○さんがオススメ)」で紹介されました。 脂の乗り切った新鮮な鯖を、昔から伝わる独自の製法で1年以上の期間、コシヒカリ100%の米糠(ぬか)に漬け込 みじっくり自然熟成させています。  こうじなどの発酵物は一切使用せず、自然発酵に任せているため、味わいも昔ながらの自然の味に仕上がっています。 糠を押した後に注入する「しい汁(魚醤)」は独自の製法で継ぎ足し継ぎ足し大切に使われているもで魚のだしが凝縮された伝統の魚醤です。 昔からの製法と手間ひまがかかった、こだわりの「へしこ」をどうぞ。 *お召し上がり方 1.糠を軽く洗い落とした後、スライスしてお刺身として、大根おろしやレモン汁を搾ってお召し上がり下さい。酒の肴に最高です。また、寿司ネタとしてもいけます。 2.切り身を軽く焼いて、ご飯のおかずと、お茶漬けとしてお召し上がり下さい、お酒のおつまみとしても美味しいです。 その他、お好みで召し上がり下さい。(注)5月10日頃〜9月30日頃まではクール便発送となりますので、クール便代324円が加算されます。又、「代引き」ができませんので、「代引き」と同じ手数料324円の「コンビニ後払い(NP決済)」をご利用願います。 内容 1尾(2Lサイズ)(約500g) 原材料名 さば(福井県産)、米麹、塩、唐辛子、調味料 賞味期限 6ケ月 製造者 福井県福井市蒲生町1-46 枩田商店 (注) 1. 生産者からの直送となりますので、他の商品との同梱は出来ません。  2.産直の為、「代引き」はできませんが、「代引き」と同じ手数料315円の便利な「コンビニ後払い」をご利用願います。  3.沖縄、離島への配送は出来ません。   【福井県優良土産推奨品】 「さば(サバ)のへしこ」 「へしこ」とは魚の糠漬けのことですが、なぜ「へしこ」というのでしょうか? それは、大河ドラマ「江 姫たちの戦国」にて取り上げられている「浅井三姉妹」のゆかり後としてスポットが当たっている【越前若狭地方】の方言なのです。 桶に漬け込むときに魚を押し込みながら漬け込んでいくことを「へしこむ」と言ったことから「へしこ」という名前がついたと言われています。 そのほかに「こんか鯖」「こんかいわし」とも呼ばれています。 これは、「米糠」が「こんか」となまったと言われています。 鯖などの魚を塩漬けにし、糠に漬け込んで熟成させた[魚のお漬物]です。 「へしこ」はもともと保存食として福井県の沿岸沿いで製造されていました。 福井の冬の海は荒れることが多く、魚が水揚げされない日が続くことがよくありました。 船も小さく漁に出れないときのために鯖や鰯がたくさん獲れた時に糠漬けにして冬のしけに備えたものと言われています。 もともと保存食として製造されていましたが、昨今昔ながらのスローフードとして注目を集めています。 さばの「へしこ」はよく熟成されていますので非常に深みのある味です。 生で食べるとあっさりした燻製のような味で、焼くと香ばしくこれぞ日本食!!というような感じの味になります。 焼くとごはんに、生だとお酒の肴によく合います。 また発酵物なのでチーズやクリームとも相性がよく、チーズを添えればワインに、クリームパスタやペペロンチーノパスタにも相性抜群です!! 平成20年11月12日のTBS「はなまるマーケット」(はなまるカフェで、川合俊○さんがオススメ)」で紹介されました。 これまであまり知られていませんでしたが、それ以来、お客様からのお問い合わせが増えました! ●へしこの刺身 糠を軽く洗い落とした後、スライスしてお刺身として、大根おろしやレモン汁を搾ってお召し上がり下さい。 酒の肴に最高です。また、寿司ネタとしてもいけます。 ●へしこのあぶり 切り身を軽く焼いて、ご飯のおかずと、お茶漬けとしてお召し上がり下さい、お酒のおつまみとしても美味しいです。 越前かに、はなまるマーケット、福井県名産

福井県名産枩田商店の「さばのへしこ」【さばを糠に漬け込んだ珍味】大きな2Lサイズを1本【楽ギフ_のし】

レビュー平均4点/1
¥1543
Wイイかも

ギフト対応 【福井県優良土産推奨品】 「さば(サバ)のへしこ」 美味逸品 商品説明 平成20年11月12日のTBS「はなまるマーケット(はなまるカフェで、川合俊○さんがオススメ)」で紹介されました。 脂の乗り切った新鮮な鯖を、昔から伝わる独自の製法で1年以上の期間、コシヒカリ100%の米糠(ぬか)に漬け込 みじっくり自然熟成させています。  こうじなどの発酵物は一切使用せず、自然発酵に任せているため、味わいも昔ながらの自然の味に仕上がっています。 糠を押した後に注入する「しい汁(魚醤)」は独自の製法で継ぎ足し継ぎ足し大切に使われているもで魚のだしが凝縮された伝統の魚醤です。 昔からの製法と手間ひまがかかった、こだわりの「へしこ」をどうぞ。 *お召し上がり方 1.糠を軽く洗い落とした後、スライスしてお刺身として、大根おろしやレモン汁を搾ってお召し上がり下さい。酒の肴に最高です。また、寿司ネタとしてもいけます。 2.切り身を軽く焼いて、ご飯のおかずと、お茶漬けとしてお召し上がり下さい、お酒のおつまみとしても美味しいです。 その他、お好みで召し上がり下さい。 (注)5月10日〜9月30日まではクール便発送となりますので、クール便代324円が加算されます。 内容 1尾(2Lサイズ)(約500g) 原材料名 さば(福井県産)、米麹、塩、唐辛子、調味料 賞味期限 6ケ月 製造者 福井県福井市蒲生町1-46 枩田商店 (注) (注) 1. 生産者からの直送となりますので、他の商品との同梱は出来ません。 2.産直の為、「代引き」はできませんが、「代引き」と同じ手数料315円の便利な「コンビニ後払い」をご利用願います。 3.沖縄、離島への配送は出来ません。   【福井県優良土産推奨品】 「さば(サバ)のへしこ」 「へしこ」とは魚の糠漬けのことですが、なぜ「へしこ」というのでしょうか? それは、大河ドラマ「江 姫たちの戦国」にて取り上げられている「浅井三姉妹」のゆかり後としてスポットが当たっている【越前若狭地方】の方言なのです。 桶に漬け込むときに魚を押し込みながら漬け込んでいくことを「へしこむ」と言ったことから「へしこ」という名前がついたと言われています。 そのほかに「こんか鯖」「こんかいわし」とも呼ばれています。 これは、「米糠」が「こんか」となまったと言われています。 鯖などの魚を塩漬けにし、糠に漬け込んで熟成させた[魚のお漬物]です。 「へしこ」はもともと保存食として福井県の沿岸沿いで製造されていました。 福井の冬の海は荒れることが多く、魚が水揚げされない日が続くことがよくありました。 船も小さく漁に出れないときのために鯖や鰯がたくさん獲れた時に糠漬けにして冬のしけに備えたものと言われています。 もともと保存食として製造されていましたが、昨今昔ながらのスローフードとして注目を集めています。 さばの「へしこ」はよく熟成されていますので非常に深みのある味です。 生で食べるとあっさりした燻製のような味で、焼くと香ばしくこれぞ日本食!!というような感じの味になります。 焼くとごはんに、生だとお酒の肴によく合います。 また発酵物なのでチーズやクリームとも相性がよく、チーズを添えればワインに、クリームパスタやペペロンチーノパスタにも相性抜群です!! 平成20年11月12日のTBS「はなまるマーケット」(はなまるカフェで、川合俊○さんがオススメ)」で紹介されました。 これまであまり知られていませんでしたが、それ以来、お客様からのお問い合わせが増えました! ●へしこの刺身 糠を軽く洗い落とした後、スライスしてお刺身として、大根おろしやレモン汁を搾ってお召し上がり下さい。 酒の肴に最高です。また、寿司ネタとしてもいけます。 ●へしこのあぶり 切り身を軽く焼いて、ご飯のおかずと、お茶漬けとしてお召し上がり下さい、お酒のおつまみとしても美味しいです。 越前かに、はなまるマーケット、福井県名産

■送料無料■関あじ関さば りゅうきゅうセット【6袋入】【楽ギフ_のし】

レビュー平均5点/1
¥5940
Wイイかも

ギフト対応 新鮮な関あじと関さばを甘辛いたれに漬け込んだ、大分の漁 師めし「りゅうきゅう」のセット。 漁獲後に生簀に放した関あじ・関さばを、活締め処理して十分に血抜きを行ってから急速冷凍するので、鮮度が抜群だ 【大分県漁業協同組合 佐賀関支店販売所】 大分市大字白木佐賀関漁港埋立地小島 ○内容量:関あじのりゅうきゅう 80g×3袋      関さばのりゅうきゅう 80g×3袋 ○原材料:関あじのりゅうきゅう〔まあじ(関あじ)・しょうゆ(大分県産大豆)・米発酵調味料・砂糖・くろめ(コンブ科カジメ)・魚醤・醸造酢・調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦・大豆を含む) 関さばのりゅうきゅう 〔まさば(関さば)・しょうゆ(大分県産大豆)・米発酵調味料・砂糖・くろめ(コンブ科カジメ)・魚醤・醸造酢・調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦・大豆を含む) ○配送形態:冷凍 ○保存方法:冷凍 ○賞味期限:冷凍 360日・冷蔵に切替後3日 ○熨斗:可 ○包装:不可 ○備考:ダンボールにてお届けします ○生産者:【大分県漁業協同組合 佐賀関支店販売所】大分市大字白木佐賀関漁港埋立地小島■こちらもおすすめ■

小浜から京の都への道!鯖街道の名品!「鯖のなれずし」1本

レビュー平均0点/0
¥1944
Wイイかも

のしをつけてお届けすることができます。 ※通常の「熨斗(のし)」または「短冊のし」で対応させて頂きます。 「さば(サバ)のなれずし」 美味逸品 商品説明 古代より若狭の海産物を京の都へ運ばれる若狭街道を、その中にあったのが大量の鯖だった事から「鯖街道」と呼ばれるようになったそうです。そして、鯖をはじめとした豊な食文化が発達しましたが、その中の代表的商品が「さばのへしこ」と「さばのなれずし」です。 昔からの製法で手間ひまをかけて製造した「へしこ」を一晩、塩抜きにした後、皮を剥ぎ、腹の中にご飯と麹を詰めて、10日〜14日、樽に漬け込み完成します。 ご飯のおかず、お茶漬け、だけでなく、お酒のおつまみとしてもオススメです。 (注) (1) 「花ごよみ」からの直送となりますので、「花ごよみ商品」以外との同梱は出来ません。 (2)産直の為、「代引き」はできませんが、「代引き」と同じ手数料324円の便利な「コンビニ後払い」をご利用願います。 (3)沖縄、離島への配送は出来ません。 内  容 1尾(約500g) 原材料名 さば(国産)、ごはん、塩、山椒 賞味期限 到着後、直ちに冷凍庫で、冷凍3ケ月 製造者 滋賀県高島市朽木荒川870-2 味処 花ごよみ へしこ、なれずし、鯖街道、鯖のへしこ、鯖のなれずし

鯖街道の名品!「さばのへしこ」1本【さばを糠に漬け込んだ珍味】

レビュー平均0点/0
¥1620
Wイイかも

のしをつけてお届けすることができます。 ※通常の「熨斗(のし)」または「短冊のし」で対応させて頂きます。 「さば(サバ)のへしこ」 美味逸品 商品説明 古代より若狭の海産物を京の都へ運ばれる若狭街道を、その中にあったのが大量の鯖だった事から「鯖街道」と呼ばれるようになったそうです。そして、鯖をはじめとした豊な食文化が発達しましたが、その中の代表的商品が「さばのへしこ」と「さばのなれずし」です。 脂の乗り切った新鮮な鯖を、昔から伝わる独自の製法で1年以上の期間、コシヒカリ100%の米糠(ぬか)に漬け込 みじっくり自然熟成させています。 自然発酵に任せているため、味わいも昔ながらの自然の味に仕上がっています。 糠を押した後に注入する「しい汁(魚醤)」は独自の製法で継ぎ足し継ぎ足し大切に使われているもで魚のだしが凝縮された伝統の魚醤です。 昔からの製法と手間ひまをかけた、こだわりの「へしこ」をどうぞ。 *お召し上がり方 1.糠を軽く洗い落とした後、スライスしてお刺身として、大根おろしやレモン汁を搾ってお召し上がり下さい。酒の肴に最高です。また、寿司ネタとしてもいけます。 2.切り身を軽く焼いて、ご飯のおかずと、お茶漬けとしてお召し上がり下さい、お酒のおつまみとしても美味しいです。 その他、お好みで召し上がり下さい。 (注) (1) 「花ごよみ」からの直送となりますので、「花ごよみ商品」以外との同梱は出来ません。 (2)産直の為、「代引き」はできませんが、「代引き」と同じ手数料324円の便利な「コンビニ後払い」をご利用願います。 (3)沖縄、離島への配送は出来ません。 内  容 1尾(約500g) 原材料名 さば(国産)、米糠、塩、唐辛子 賞味期限 冷蔵1ケ月 製造者 滋賀県高島市朽木荒川870-2 味処 花ごよみ   「さば(サバ)のへしこ」 「へしこ」とは魚の糠漬けのことですが、なぜ「へしこ」というのでしょうか? それは、大河ドラマ「江 姫たちの戦国」にて取り上げられている「浅井三姉妹」のゆかり後としてスポットが当たっている【越前若狭地方】の方言なのです。 桶に漬け込むときに魚を押し込みながら漬け込んでいくことを「へしこむ」と言ったことから「へしこ」という名前がついたと言われています。 そのほかに「こんか鯖」「こんかいわし」とも呼ばれています。 これは、「米糠」が「こんか」となまったと言われています。 鯖などの魚を塩漬けにし、糠に漬け込んで熟成させた[魚のお漬物]です。 「へしこ」はもともと保存食として福井県の沿岸沿いで製造されていました。 福井の冬の海は荒れることが多く、魚が水揚げされない日が続くことがよくありました。 船も小さく漁に出れないときのために鯖や鰯がたくさん獲れた時に糠漬けにして冬のしけに備えたものと言われています。 もともと保存食として製造されていましたが、昨今昔ながらのスローフードとして注目を集めています。 さばの「へしこ」はよく熟成されていますので非常に深みのある味です。 生で食べるとあっさりした燻製のような味で、焼くと香ばしくこれぞ日本食!!というような感じの味になります。 焼くとごはんに、生だとお酒の肴によく合います。 また発酵物なのでチーズやクリームとも相性がよく、チーズを添えればワインに、クリームパスタやペペロンチーノパスタにも相性抜群です!! ●へしこのあぶり 切り身を軽く焼いて、ご飯のおかずと、お茶漬けとしてお召し上がり下さい、お酒のおつまみとしても美味しいです。 ●へしこの刺身 糠を軽く洗い落とした後、スライスしてお刺身として、大根おろしやレモン汁を搾ってお召し上がり下さい。 酒の肴に最高です。また、寿司ネタとしてもいけます。

@スポンサー