アモンティリャード アタラヤバロン 750ml (シェリー酒)

レビュー平均3.71点/7
¥1555
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインですアモンティリャード アタラヤ バロン 700ml   ブドウ品種:パロミノ種琥珀色の優しい口当りのシェリー辛口の熟成タイプ。

クリームシェリー アタラヤ バロン 750ml (シェリー酒)

レビュー平均4.33点/6
¥1512
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインですクリームシェリー アタラヤ バロン 750ml   ブドウ品種:パロミノ種と甘口シェリーのブレンドなめらかな口当りの甘口シェリー食前酒向きの一本。

フィノ・キンタ オズボーン・シェリー 750ml (シェリー酒)

レビュー平均4.4点/5
¥2160
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインですフィノ・キンタ オズボーン・シェリー 750ml ブドウ品種:パロミノ種アルコ−ル度数 :15度サ−ヴ  :軽く冷やしてスーパー・ドライなフィノタイプのシェリーです。フロールの下で約5年の熟成を経ています。香りが強く、個性的な味わいです。オズボーン社はイングランド南部デボンシャー出身のトーマス・オズボーン・マン氏によって1772年に設立されました。この年はトーマス氏の友人、ジェームス・ダフ氏がカディスの英国大使館大使に就任し、彼の名前の下シェリーの輸出が開始され、その貿易会社として起こったのがオズボーン社でした。その後、産業革命を背景にアメリカの独立戦争、フランス産ワインの生産不振、フランス革命を経て、ヴィクトリア時代に発展を遂げ、1845年には英国王室から、1856年にはベルギー王室から、1876年にはロシア宮廷から注文を受けるまでになり、日本にも横浜港開港と同時に輸出を開始しました。おそらく日本に初輸入されたシェリーはオズボーン社のものと思われます。その後、スペインは世界大戦の中、フランコ独裁政権時代に突入します。シェリー業界が大不振に陥りましたが、1950年代以降、多くの会社が復興に向け動き出し、オズボーン社も1957年に会社のイメージアップを願い、「牛のトレードマーク」を完成させました。

モスカテル・アタラヤ バロン 750ml (シェリー酒)

レビュー平均2.75点/4
¥1728
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインですモスカテル・アタラヤ バロン 700ml   モスカテルというぶどうの甘口シェリーなめらかな口当りの甘口シェリー食前酒向きの一本。

バイレン・ドライ・オロロソ オズボーン 750ml (シェリー酒)

レビュー平均4.75点/4
¥2354
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインですバイレン・ドライ・オロロソ 750ml オズボーン・シェリーブドウ品種:パロミノ種アルコ−ル度数 :20度コクと柔らかさの中に香りがある重めのドライシェリー樽の中で空気に触れながら長期にわたり酸化熟成させたオロロソです。オズボーン社はイングランド南部デボンシャー出身のトーマス・オズボーン・マン氏によって1772年に設立されました。この年はトーマス氏の友人、ジェームス・ダフ氏がカディスの英国大使館大使に就任し、彼の名前の下シェリーの輸出が開始され、その貿易会社として起こったのがオズボーン社でした。その後、産業革命を背景にアメリカの独立戦争、フランス産ワインの生産不振、フランス革命を経て、ヴィクトリア時代に発展を遂げ、1845年には英国王室から、1856年にはベルギー王室から、1876年にはロシア宮廷から注文を受けるまでになり、日本にも横浜港開港と同時に輸出を開始しました。おそらく日本に初輸入されたシェリーはオズボーン社のものと思われます。その後、スペインは世界大戦の中、フランコ独裁政権時代に突入します。シェリー業界が大不振に陥りましたが、1950年代以降、多くの会社が復興に向け動き出し、オズボーン社も1957年に会社のイメージアップを願い、「牛のトレードマーク」を完成させました。

ヘレス・デ・ラ・フロンテラ ペドロヒメネス マエストロ シエラ 750ml (シェリー酒)

レビュー平均4点/3
¥2808
Wイイかも

スペイン産のシェリーです。ヘレス・デ・ラ・フロンテラ ペドロヒメネス 750ml マエストロ シエラパーカー・ポイント 92点品種:ペドロヒメネス樹齢:10〜60年土壌:アルバリーサとよばれる石灰質土壌熟成:ソレラシステムにて15年間。茶色かかった琥珀色。極甘口1832年に元大工のホセ・アントニオ・シエラにて設立されました。当時彼は全ての有名なシェリーハウスの樽を作る仕事を任されており、その腕前は地域で一番と評判であったが、次第にシェリーの魅力に取り付かれ、自ら最高のシェリーを造るために小さなワイナリーを設立しました。現在のオーナーはシエラファミリーの直血の子孫であった夫を亡くして以来、彼の意思をついでこの30年間、ワイナリーを経営してきました。しかし、ビジネスとしては大きな動きはなく、ストックを売る事もほとんどしなかったため、現在のマエストロ・シエラの保有するシェリーは、ヘレスの中でも最も古いもののいくつかに数えられます。

マンサニージャ ラ・ヒターナ イダルゴ・ラ・ヒターナ 750ml (シェリー酒)

レビュー平均5点/3
¥1922
Wイイかも

マンサニージャ・ラ・ヒターナイダルゴ・ラ・ヒターナ マンサニージャは「マンサニジャ サンルーカル・デ・パラメダ]と呼ばれる原産地呼称地域のパロミノというブドウから造られる飲み口の軽いシェリーワイン。シエリーの中でも最も軽くデリケートなワインで「サンルーカル・デ・パラダ」という海岸沿いの街でしか造られないワインです。マンサージャ・ラ・ヒターナは古き良きマンサニージャの代名詞、スペインで最も古いワインブランドの一つです。ひと際滑らかで繊細なフレーバーがとトップブランドたる由縁で、国際的にも最もよく知られたマンサニージャと言えます。キリッとした味わいの中にほのかに漂う潮のかおりが特徴です。前菜から、魚介類・牡蠣白い肉料理にと幅広い料理に合います。1792年にイダルゴ・ファミリーによって設立されました。現在はサンルーカル・デ・バラメダの中心にあり、伝統的な技法を取り入れながら近代的な設備で品質を保持しています。

ヘレス・デ・ラ・フロンテラ オロロソ マエストロ シエラ 750ml (シェリー酒)

レビュー平均4点/3
¥2592
Wイイかも

スペイン産のシェリーです。ヘレス・デ・ラ・フロンテラ オロロソ 750ml マエストロ シエラパーカー・ポイント 91点品種:パロミノ樹齢:10〜60年土壌:アルバリーサとよばれる石灰質土壌熟成:ソレラシステムにて15年間。フィノより濃い色合いで、スモーキーな要素とバタースコッチのアロマが辛口の味わいと調和しています。1832年に元大工のホセ・アントニオ・シエラにて設立されました。当時彼は全ての有名なシェリーハウスの樽を作る仕事を任されており、その腕前は地域で一番と評判であったが、次第にシェリーの魅力に取り付かれ、自ら最高のシェリーを造るために小さなワイナリーを設立しました。現在のオーナーはシエラファミリーの直血の子孫であった夫を亡くして以来、彼の意思をついでこの30年間、ワイナリーを経営してきました。しかし、ビジネスとしては大きな動きはなく、ストックを売る事もほとんどしなかったため、現在のマエストロ・シエラの保有するシェリーは、ヘレスの中でも最も古いもののいくつかに数えられます。

フィノ エキストラ・ドライ ガーべイ 750ml (シェリー酒)

レビュー平均3.5点/2
¥1728
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインですフィノ エキストラ・ドライ 750mlガーヴェイ ブドウ品種:パロミノ種アーモンドとミネラルの風味が特徴。生き生きとして味わいも深く、余韻が長い。『ガーベイ社』は1780年に、アイルランド貴族だったウィリアム=ガーヴェイ氏が創業した、スペイン南部アンダルシア地方のヘレスに本社を置く著名なシェリー販売業者で、様々なタイプのシェリーを手掛けています。

アルベアル・(C.B)・フィノ・セーベー・100%ペドロ・ヒメネス(辛口)・D.O.モンティーリャ・モリレス・ボデガス・アルベアル社元詰Fino CB (Alvear) (100% Pedro Ximenez) D.O. Montilla Moriles

レビュー平均3点/2
¥1382
Wイイかも

年代 造り手   アルベアル社 生産国 地域 スペイン アンダルシア 村名 DOモンティーリャ・モリレス タイプ 白・辛口・シェリー酒 内容量 750ml 【アペリティフ 】【スペイン 辛口 白 】【シェリー酒 】【アルベアル フィノ】 【ラ スルタナ 】【D.O.モンティーリャ モリレス 】【ペドロ ヒメネス 100% 】【ペドロヒメネス 】【フィノ CB】【フィノ セーベー】【ギア ペニン90ポイント】【アルベアール】【うきうきわいん】【ウキウキワイン】【ワイン通販】【通販 ワイン】アルベアル・(C.B)・フィノ・セーベー・100%ペドロ・ヒメネス(辛口)・D.O.モンティーリャ・モリレス・ボデガス・アルベアル社元詰Fino CB (Alvear) (100% Pedro Ximenez) D.O. Montilla Morilesドライシェリー愛好家大注目!アンダルシア州コルドバの近く、D.Oモンティーリャ・モリレスのトップ生産者!!造り手はこのモンティーリャに1729年創業のスペインで最も古い家族経営のワイナリーであるアルベアル社!ワイン評論家のヒュージョンソン氏は「モンティーリャD.Oの最大手の産出会社。フィノ風の優良なアペリティフ。および並はずれて甘口の干し葡萄風味のワインを産する。いずれもPedro Ximenez(ペドロ・ヒメネス)を用いる。特にフィノC.Bとソレラ(Sorela1927)」★★〜★★★★4つ星で大絶賛!ずばりそのフィノC.B!!ペドロ・ヒメネス100%で造られた、アーモンドやナッツ等の新鮮な香りに柔らかな口当たりが特徴のデリケートな辛口!!なんとこのフィノ・CB(セーベー)でペニン・ガイド誌驚異の90点獲得!!シェリー分類上はシェリー酒ですが、ペドロ・ヒメネスは自然にアルコールが14%に到達するため、シェリーのように酒精強化する必要がない点がシェリー酒と大きく異なります。500Lの古いアメリカンオーク樽でソレラシステムで熟成されるこのフィノ・セーベーはアルベアル社のフラッグシップワイン!!19世紀のセラーマスターのイニシャルC.Bを冠した究極フィノ!!が限定で極少量入荷!アルベアル (C.B) フィノ セーベー 100%ペドロ ヒメネス(辛口) D.O.モンティーリャ モリレス ボデガス アルベアル社元詰ペニン・ガイド誌驚異の90点獲得!D.Oモンティーリャ・モリレスのトップ生産者アルベアル社のフラッグシップワイン!ペドロ・ヒメネス100%からの究極フィノ! アルベアルは1729年にモンテーリャの地に設立されたスペインで最も古い家族経営のワイナリーで、スペインは勿論、アルゼンチンでもよく知られています。所有する畑は250ha、ペドロヒメネスが90%を占めています。現在、200以上のアルベアル姓の家族のみが会社の株を所有しています。ペドロヒメネスと言う葡萄の名前は、スペインのペドロ フィメンと言う兵士がラインガウより苗木を持ち帰った事に、由来しています。糖度が大変高い事がこの葡萄の特徴で、ゴブレ式にて栽培されています。ソレラシステムはアンダルシア独特の製造方法です。ステンレスタンクにて温度管理を徹底して発酵された後、古いアメリカンオーク(512L)にて2万樽が樽熟成され、年間7万HLから9万HL製造されています。ISOを1998年に取得。ボデガス・アルベアル社オーナーと当店オーナー広瀬 アルベアル・フィノ・セーべー 葡萄品種:ペドロフィメネス100% モンティーリャの山岳部、大変乾燥した気候。アルバリサと呼ばれるチョーク質の石灰岩に覆われた土壌。8月下旬〜9月初旬に収穫。ペドロヒメネスは糖度が高く、元来の糖分で自然にアルコールが14,5%に到達。酒精強化をしていない点がシェリーとは大きく異なる。25度で8日間発酵、500リットルの古いアメリカンオークの樽で、ソレラシステムで熟成。アルベアルのフラッグシップワイン。19世紀初頭のセラーマスターのイニシャルのC.Bをネーミングしています。アーモンド等ナッツの新鮮な香りに柔らかな口当たりが特徴のとてもデリケートなスタイルです。ペニン・ガイド誌驚異の90点獲得! ドライシェリー愛好家大注目!アンダルシア州コルドバの近く、D.Oモンティーリャ・モリレスのトップ生産者!!造り手はこのモンティーリャに1729年創業のスペインで最も古い家族経営のワイナリーであるアルベアル社!ワイン評論家のヒュージョンソン氏は「モンティーリャD.Oの最大手の産出会社。フィノ風の優良なアペリティフ。および並はずれて甘口の干し葡萄風味のワインを産する。いずれもPedro Ximenez(ペドロ・ヒメネス)を用いる。特にフィノC.Bとソレラ(Sorela1927)」★★〜★★★★4つ星で大絶賛!ずばりそのフィノC.B!!ペドロ・ヒメネス100%で造られた、アーモンドやナッツ等の新鮮な香りに柔らかな口当たりが特徴のデリケートな辛口!!なんとこのフィノ・CB(セーベー)でペニン・ガイド誌驚異の90点獲得!!シェリー分類上はシェリー酒ですが、ペドロ・ヒメネスは自然にアルコールが14%に到達するため、シェリーのように酒精強化する必要がない点がシェリー酒と大きく異なります。500Lの古いアメリカンオーク樽でソレラシステムで熟成されるこのフィノ・セーベーはアルベアル社のフラッグシップワイン!!19世紀のセラーマスターのイニシャルC.Bを冠した究極フィノ!!が限定で極少量入荷!

マンサニージャ ラ・ヒターナ ハーフ イダルゴ・ラ・ヒターナ 375ml (シェリー酒)

レビュー平均4点/1
¥972
Wイイかも

マンサニージャ ラ・ヒターナ ハーフイダルゴ・ラ・ヒターナ マンサニージャは「マンサニジャ サンルーカル・デ・パラメダ]と呼ばれる原産地呼称地域のパロミノというブドウから造られる飲み口の軽いシェリーワイン。シエリーの中でも最も軽くデリケートなワインで「サンルーカル・デ・パラダ」という海岸沿いの街でしか造られないワインです。マンサージャ・ラ・ヒターナは古き良きマンサニージャの代名詞、スペインで最も古いワインブランドの一つです。ひと際滑らかで繊細なフレーバーがとトップブランドたる由縁で、国際的にも最もよく知られたマンサニージャと言えます。キリッとした味わいの中にほのかに漂う潮のかおりが特徴です。前菜から、魚介類・牡蠣白い肉料理にと幅広い料理に合います。1792年にイダルゴ・ファミリーによって設立されました。現在はサンルーカル・デ・バラメダの中心にあり、伝統的な技法を取り入れながら近代的な設備で品質を保持しています。

ウイズダム フィノ シェリーウイズダム 750ml (シェリー酒)

レビュー平均3点/1
¥1620
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインです。ウイズダム フィノ シェリーウイズダム 750mlぶどう品種:パロミノ100%フロールと呼ばれる酵母の白い膜を保ちながらブランデーを添加する。アルコール度は15度。淡い麦わら色でアーモンドのような香りがあるシャープな辛口。WISDOMとは1854年に設立され、シェリーでは大変著名なブランドとして英国中心に販売されていました。1932年に世界最大のシェリーメーカーで、ティオペペの生産者であるゴンザレスビヤス社が買収し、このWISDOMブランドを今日まで維持しています。WISDOMのラベルにあるフクロウは知識の象徴で、旗にある三本の横線は水を表しています。

ヘレス・デ・ラ・フロンテラ フィノ マエストロ シエラ 750ml (シェリー酒)

レビュー平均0点/0
¥2322
Wイイかも

スペイン産のシェリーです。ヘレス・デ・ラ・フロンテラ フィノ 750ml マエストロ シエラパーカー・ポイント 90点品種:パロミノ樹齢:10〜60年土壌:アルバリーサとよばれる石灰質土壌熟成:ソレラシステムにて4年間。海の塩やローストナッツのアロマがある食前酒に最適1832年に元大工のホセ・アントニオ・シエラにて設立されました。当時彼は全ての有名なシェリーハウスの樽を作る仕事を任されており、その腕前は地域で一番と評判であったが、次第にシェリーの魅力に取り付かれ、自ら最高のシェリーを造るために小さなワイナリーを設立しました。現在のオーナーはシエラファミリーの直血の子孫であった夫を亡くして以来、彼の意思をついでこの30年間、ワイナリーを経営してきました。しかし、ビジネスとしては大きな動きはなく、ストックを売る事もほとんどしなかったため、現在のマエストロ・シエラの保有するシェリーは、ヘレスの中でも最も古いもののいくつかに数えられます。

ボデガ・マエストロ・シエラ / アモンティリャード 1830

レビュー平均0点/0
¥14656
Wイイかも

ソレラシステムで50年以上寝かされた究極のシェリー!推薦グラスボデガ・マエストロ・シエラ / アモンティリャード 1830Bodegas El Maestro Sierra / Amontillado 1830セパージュ:【パロミノ100%】国地域:スペイン・シェリー 飲み頃情報:今からインポーター:オーデックス・ジャパン 1832年もともと樽職人だった創始者が興し、代々女性オーナーが切り盛りしてきたボデガ。 小規模な家族経営を続け、ストックもそのままに経営してきたために現在では数多くの古酒をストックする希な存在になりつつあります。最も素晴らしいシェリーの一つとして今話題のシェリー!今回は非常にレアーな古酒が入荷しました!このアモンティリャードは50年以上の熟成を経た逸品で現在このようなシェリーは滅多に日本へは輸入されていない。熟成したポートさえ上回る姿は感動を呼ぶ! 【sherry】 【kiwami】

アルベアル フィノ ラ スルタナ (SC)NV 白 750mlALVEAR LA SULTANAV752まるでシェリーのようなキリッとコクのある辛口。糖度の高いペドロヒメネス種が、酒精強化せずに自然にもたらした、風味とパワーある逸品。

レビュー平均0点/0
¥1028
Wイイかも

生産国スペイン地域アンダルシア州クラスDOモンティーリャ モリレス葡萄品種ペドロヒメネス100%色白甘辛辛口アルコール度数15ボディ感コメントまるでシェリーのようなキリッとコクのある辛口。糖度の高いペドロヒメネス種が、酒精強化せずに自然にもたらした、風味とパワーある逸品畑に関する情報大陸性気候、アルバリサと呼ばれるチョーク質の石灰岩に覆われた土壌、標高500m、平均樹齢20年葡萄の栽培・収穫に関する情報9月初旬に収穫醸造・熟成に関する情報ペドロヒメネスは糖度が高く、元来の糖分で自然にアルコールが14,5%に到達。酒精強化をしていない点がシェリーとは大きく異なる。25度で8日間発酵、500リットルの古いアメリカンオークの樽で、ソレラシステムで熟成受賞履歴 ワイナリー情報アルベアル アルベアルは1729年にモンテーリャの地に設立されたスペインで最も古い家族経営のワイナリーで、スペインは勿論、アルゼンチンでもよく知られています。所有する畑は250ha、ペドロヒメネスが90%を占めています。現在、200以上のアルベアル姓の家族のみが会社の株を所有しています※掲載画像と実物はデザインが異なる場合がございます。ALVEAR LA SULTANAアルベアル フィノ ラ スルタナ(SC)NV 白 750ml

コキネロ・フィノ (アモンティリャード) オズボーン 750ml (シェリー酒)

レビュー平均0点/0
¥2354
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインですコキネロ・フィノ (アモンティリャード) オズボーン 750ml ブドウ品種:パロミノ種アルコ−ル度数 :17.5度サ−ヴ  :軽く冷やしてキンタをさらに熟成させた上品な口当たりのドライシェリー。フロールの下で約7年熟成した、大変珍しいフィノ・アモンティリャードタイプです。オズボーン社はイングランド南部デボンシャー出身のトーマス・オズボーン・マン氏によって1772年に設立されました。この年はトーマス氏の友人、ジェームス・ダフ氏がカディスの英国大使館大使に就任し、彼の名前の下シェリーの輸出が開始され、その貿易会社として起こったのがオズボーン社でした。その後、産業革命を背景にアメリカの独立戦争、フランス産ワインの生産不振、フランス革命を経て、ヴィクトリア時代に発展を遂げ、1845年には英国王室から、1856年にはベルギー王室から、1876年にはロシア宮廷から注文を受けるまでになり、日本にも横浜港開港と同時に輸出を開始しました。おそらく日本に初輸入されたシェリーはオズボーン社のものと思われます。その後、スペインは世界大戦の中、フランコ独裁政権時代に突入します。シェリー業界が大不振に陥りましたが、1950年代以降、多くの会社が復興に向け動き出し、オズボーン社も1957年に会社のイメージアップを願い、「牛のトレードマーク」を完成させました。

ドン・ペーエキス・グラン・レゼルバ[1983]年 トロ・アルバラ 375ml

レビュー平均0点/0
¥4320
Wイイかも

ビックリするほど真っ黒・・・           ・・・そして極旨♪♪ 極甘口シェリータイプ【極上品】蜂蜜、黒糖、キャラメル、ヴァニラのような甘さとコーヒーやビターチョコレートのようなほろ苦さが混ざり合い素晴らしいアロマ、トロっとした舌触りです。極めて濃厚で甘く、 樽熟成によるスパイシーな風味が加わって複雑で深淵な味わいです。そして、とても長く続く余韻(アフターテイスト)に魅了されます。このワインは、1983年産の単一ヴィンテージのペドロ・ヒメネス種を天日干しして、糖度が高くなった干し葡萄を搾り、その果汁を発酵させてから、アルコール添加で発酵を止めて琥珀色の甘口白ワインを造ります。そのワインをアメリカ産の大樽の中に入れ熟成させると、酸化による褐変反応により、時間と共に茶褐色に縁取られた漆黒の色調となり、味わいは濃く極甘口に凝縮していきます。最低でも25年以上の長い樽熟成の期間を経てから、年号順ではなくて、伝統的な品質に達していると判断された時のみ、そのヴィンテージはリリースされます。実際、1985年の方が1983年よりも先にリリースされていて、この1983年産は、2012年11月に瓶詰めしました。トロ・アルバラは最高のペドロ・ヒメネスを造り続けスペインの国宝とも呼ばれています。←ワインの色(color)は、1983年産を2014年2月に撮影。ところで・・・  シェリーを名乗ることができる産地は、スペイン南部アンダルシア州南西部にあるヘレス、サンルーカル、エル・プエルトの3都市と、その周辺の認定地域に限定されています。このワインの産地であるモンティーリャ・モリレスの場所は、シェリーの産地よりも少し北東に離れた内陸部に位置しているので、このワインはシェリーとは呼ばないのです。  PX(ぺ・エキス)は、白ワイン用品種であるペドロ・ヒメネス種(Pedro Ximenez)の略称です。天日干しで乾燥させたペドロ・ヒメネス種から造った極甘口シェリーとして単独で瓶詰めするか、あるいは他のタイプのシェリーの甘味付け(ブレンド用)として用いられます。 シェリー酒はソレラ・システムと呼ばれる熟成システムを採用していて、樽を年号の古い順番に5段ほど積み上げ、最下段から熟成したシェリー酒を汲み出して、上段から足りなくなった分を補充する方法を取っているので、異なるいくつかのヴィンテージ(年号)のワインがブレンドされて瓶詰めされています。でも、この1983年のワインは、単一のヴィンテージのみをモンティーリャの伝統的な製造と保存方法によって造られているので、シェリーの製法とは少し異なります。◆産地:スペイン アンダルシア州◆商品規格:D.O.モンティーリャ・モリレス◆生産者:トロ・アルバーラ◆葡萄品種:ペドロ・ヒメネス種 100%◆甘辛度:極甘口◆アルコール度:17%◆容量:375ml  ※瓶内にオリが発生していますが、品質に影響ありません。 ※デカンタージュした後にお飲みいただくことをおすすめします。お願い 古酒には長期間熟成したワインならではの魅力がある反面、時間の経過とともにラベルが汚れたりコルクがもろくなったりなど、どうしても避けられないリスクがございます。ボトルの外見だけでは判断できずコルクを抜栓して初めて判明することもあるので、お客様には、そうしたリスクをご理解いただきました上でご購入くださいますようお願いいたします。当店では商品の性質上、古酒をお届け後の返品・交換をお引受けできかねますので、大変恐縮ですがご了承くださいますようお願いいたします。  生産量の少ないPX(ペ・エキス)の製法は特徴的です。まずブドウはできるだけ長期間天日に当てる為に、収穫した後(8月末頃)、細心の注意をもって麦わらの上に広げられます。時々裏返しながら、1〜2週間、干しブドウのように緑色が消え酸がなくなるまで日に干します。 この方法は、遅摘みワインよりもさらにリスクが多く、97年には雨の為にすべての収穫は無駄になってしまいました。少しでも靄がかかったり、空が曇れば乾燥が不十分になり腐敗が始まって全てが台無しになってしまいます。果肉が濃縮され、麦わらにくっついてしまう為、通常の圧搾法ではなく、オリーブオイルに使われる水圧プレスで圧搾されます。 発酵が始まるとすぐに、酒精強化を始め、かなり濃度の高いものにします。通常1リットルあたり約450gのエキス分と、更に400gの残糖が含まれています。樽の中での長期間の酸化と、樽自体が吸収することにより、エキス分と糖分は300g/Lほどになります。 この製造法における、品質面の重要性は筆舌尽くし難いものです。理想的な条件下での適切な乾燥状態に加え、優れた古い葡萄畑が必要不可欠となります。これは何世紀にも渡る伝統に基づいた製法です。 へレス地区にはPXのブドウ畑はほとんど存在しないので、シェリーの甘味添加に使われるほとんどのPXや、シェリー醸造家が古いPXの高価なスペシャルボトルを出すときには モンティーリャの物が使われています。これは公的に認められていることです。 安いシェリーの代わりにワインを製造し、マス・マーケットに切り込もうという動きがこの地区で一般化した中で、トロ・アルバーラは、典型的なクラシックなモンティーリャの製造と保存に貢献してきた現存するわずかな、というよりおそらく唯一の農園です。この努力が実り、トロ・アルバーラは現在スペインで最も権威ある名を誇っています。【輸入元資料より引用】

【スペイン】【白ワイン】フィノ・ラ・スルタナ NV アルベアル[辛口]【HLS_DU】P27Mar15

レビュー平均0点/0
¥1111
Wイイかも

■タイプ       白  辛口■産地        スペイン アンダルシア地方 DOモンティーリャ・モリレス(Spain)■ブドウ品種    ペドロヒメネス100%■生産者      アルベアル■醸造        ペドロヒメネスは糖度が高く、元来の糖分で自然にアルコールが            15%に到達します。            酒精強化をしていない点がシェリーとは大きく異なります。            25度で8日間発酵、500リットルの古いアメリカンオークの樽で、            ソレラシステムで熟成させます。■アルコール度数 15%     麦ちゃんテーステイングコメント(2012年10月24日試飲)アンズやリンゴなどを思わせる果実香、白い花のような華やかな香り、強めに感じるナッティーな風味やトースト香、アルコール臭も強く感じ、少しひねた印象の風味が加わります。口の中に比較的豊かな酸を伴った果実味が広がります。骨格のしっかりした味わいで、香りから想像するようなナッティーな風味や少しひねたイメージ、アミノ酸を思わせる旨味の要素、強めに感じるアルコールなどを感じます。余韻は長く、後味に豊かな酸を伴ったか果実の旨味とナッティーな風味が長く残ります。シェリーを少し優しくしたイメージですが、非常にシェリーに近い旨味を感じるお買い得な1本と言えます。シェリー好きの日常ワインとして、又はシェリー入門としてお勧めします。麦ちゃん評価 3.8点フィノ・ラ・スルタナアルベアルシェリーを少し優しくしたイメージですが、非常にシェリーに近い旨味を感じるお買い得な1本!DOモンティーリャ・モリレス酒精強化しないのにアルコール度数は15度になります!シェリー好きの日常ワインとして、又、シェリー入門編としてお勧めします! アルベアル アルベアルは1729年にモンテーリャの地に設立されたスペインで最も古い家族経営のワイナリーで、スペイン は勿論、アルゼンチンでもよく知られています。所有する畑は250ha、ペドロヒメネスが90%を占めています。 現在、200以上のアルベアル姓の家族のみが会社の株を所有しています。 モンティーリャ・モリレス アンダルシア中央に位置するモンティーリャ・モリレスは、年平均気温17度、年平均降水量500mlから1000ml、 土壌はシェリーの産地と同じく石灰質のアルバリサです。内陸にあるため寒暖の差が激しく、糖度の高いブドウ が収穫出来ます。そのため自然発酵でアルコール度数15%程になり、酒精強化する必要はありません。その ワインをベースにシェリーと同じようにソレラシステムで熟成されます。最低熟成期間は2年とされています。 ソレラシステム 段々に詰まれた樽は、上にいくほど新しく、下にいくほど古くなるように積み上げられています。出荷する時は、 一番下の樽から取り出し、減った分は上から補充します。決して一度に大量に抜いたりせず、少しずつ取り出され、その分を補充するため、味わいは常に一定となるのです。

【3000】 マンサニージャ バホ・デ・ギア テレサ・リベロ 750ml (シェリー)

レビュー平均0点/0
¥2484
Wイイかも

マンサニージャ バホ・デ・ギア テレサ・リベロ 750mlぶどう品種:パロミノ100%色・タイプ:藁色・辛口醸造・熟成:アメリカンオーク樽に移されたワインは、アルコール度数15%になるように純粋なグレープ・スピリッツによって酒精強化され、樽の約4分の3になるように満たされます。ワインの液面上には、特殊な酵母の働きにより、白い膜(フロール)が、発生します。このフロールのおかげで、ワインの酸化熟成が、緩慢になるために、樽の中のワインはフレッシュな辛口になります。テイスティングコメント:繊細でエレガントなアロマが心地よい。ボデガス テレサ・リベロ 2011年 ギア・ペニンでラ・サンルケーニャが90点獲得! ボデガ・カイシャは1803年創業で、サンルーカル・デ・バラメーダ最大手の協同組合でしたが2010年よりグループ・ガーベイの傘下になり、ボデガス テレサ・リベロとなりました。 1803年からの伝統に最新技術も取り入れながら、低価格でありながらも高品質を誇っています。 厳選された葡萄を使用し、最新設備を導入、良質のワイン造りにたゆまぬ努力を続けています。

【3000】 マンサニージャ・パサダ サエタ テレサ・リベロ 750ml (シェリー)

レビュー平均0点/0
¥3024
Wイイかも

マンサニージャ・パサダ サエタ テレサ・リベロ 750mlぶどう品種:パロミノ100%色・タイプ:藁色・辛口醸造・熟成:アメリカンオーク樽に移されたワインは、アルコール度数15%になるように純粋なグレープ・スピリッツによって酒精強化され、樽の約4分の3になるように満たされます。ワインの液面上には、特殊な酵母の働きにより、白い膜(フロール)が、発生します。このフロールのおかげで、ワインの酸化熟成が、緩慢になるために、樽の中のワインはフレッシュな辛口になります。エレガントな白色の花の香り。ナッツの味わいの中に塩気を感じる。ボデガス テレサ・リベロ 2011年 ギア・ペニンでラ・サンルケーニャが90点獲得! ボデガ・カイシャは1803年創業で、サンルーカル・デ・バラメーダ最大手の協同組合でしたが2010年よりグループ・ガーベイの傘下になり、ボデガス テレサ・リベロとなりました。 1803年からの伝統に最新技術も取り入れながら、低価格でありながらも高品質を誇っています。 厳選された葡萄を使用し、最新設備を導入、良質のワイン造りにたゆまぬ努力を続けています。

アモンティリャード ミディアム ガーべイ 750ml (シェリー酒)

レビュー平均0点/0
¥1728
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインですアモンティリャード ミディアム 750mlガーベイ ブドウ品種:パロミノ種エレガントに熟成している。滑らかで、豊かな味わいが特徴。『ガーベイ社』は1780年に、アイルランド貴族だったウィリアム=ガーベイ氏が創業した、スペイン南部アンダルシア地方のヘレスに本社を置く著名なシェリー販売業者で、様々なタイプのシェリーを手掛けています。

ボデガス・ヒメネス・スピノラ エクセプショナル・ハーヴェスト[2012]

レビュー平均0点/0
¥3350
Wイイかも

■ボデガス・ヒメネス・スピノラ エクセプショナル・ハーヴェスト[2012]世界のセレブが愛するへレス秘蔵の最高銘柄『ヒメネス・スピノラ ペドロ・ヒメネス』の“遅摘み"葡萄による、エクセプショナル・ハーヴェスト。摘み残さざるえなかった粒をセレクトして造る、世界でたった1つの白ワイン!★世界でも前例のない白ワイン品質だけを追求した、スピノラのペドロ・ヒメネスは、量を造る事を許しません。その為、畑にはヒメネス・スピノラ ペドロ・ヒメネス(モンティージャ)にならなかった、しかし上質な葡萄が残されています。ペドロ・ヒメネス用の収穫から21日後、ようやく収穫された葡萄は、完全な“遅摘み"となり、類い稀なアロマを放つ辛口白ワインになるのです。 【産地】スペイン/アンダルシア 【使用品種】 ペドロ・ヒメネス100% 【樹齢】平均35年 【土壌】アルバリサ土壌 【醗酵】オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵 【熟成】オーク樽熟成4ヶ月(500L、新樽は使用せず、アメリカンオーク) 【その他】ノンフィルター、清澄剤不使用。 【タイプ】白ワイン・コクのある辛口深い琥珀色の輝きと、ターメリックや香辛料などの驚くべきアロマを放ち、飲むと旨味に溢れる極上の味わいが楽しめる白ワイン!甘やかで、芳ばしい風味が口の中に広がり、その風味は例えようのない魅力を放っています♪現在のボデガの設立は1919年ですが、1729年にはすでにスピノラ家の先祖フェリペ・アントニオ・サルサナ・スピノラ氏が輸出をした記録もある長い歴史を誇る家族経営の造り手。品質最優先のポリシーは量を追求することを許さず、今尚、D.O.ヘレスで、唯一かつ最小規模の造り手として100%ペドロ・ヒメネスの生産だけに特化しています。その生産量は、年間たった234樽のみ。この数字はボトルに換算すると、最高12000本程。へレスのボデガでは大変少ない生産量となり、そしてペドロ・ヒメネスに特化している造り手は殆どありません。現在のオーナー、ホセ・アントニオ氏で8代目。家族協議会と優秀なエノロゴによる品質委員会により、ボデガの伝統は受け継がれています。ホセ・アントニオ氏は、ペドロ・ヒメネスのみに特化する事について、こう語ります。『蔵のモットーは「常に最高品質のものを供給すること」。それを実現するには、今のやり方・規模が限界だと感じているからです。毎月専門のエノロゴ(責任者は個人で120 もの国際的な賞を受賞している実力者)が234 樽全てを試飲し、品質を管理しています。アイテム(栽培品種)を増やしたり、生産量を増やすと今の品質が維持できなくなってしまいます。このように、1つの銘柄を特化する、類稀なペドロ・ヒメネスを造り上げる、ボデガス・ヒメネス・スピノラ社のシェリーは、世界のセレブに愛飲される最高銘柄と言えます。■ペドロ・ヒメネスの由来: ペーター・シーメンスさん?「スペイン王カルロス1世(在位1519-1556)が神聖ローマ皇帝カール5世でもあった時代、ライン河流域の農夫たちがドイツ連隊に徴兵されました。この兵士の中にペーター・シーメンス(Peter Siemens)という醸造家いました。彼は自分の畑から当時イベリア半島にはなかったある品種を持ち込みます。その果実はリースリングやエルブリングに似た品種でしたが、その後400年以上の年月をかけてスペインの地に馴染み、今ではそのどれにも似つかない全く別の品種になりました。この品種はアンダルシア一帯(ヘレス・デ・ラ・フロンテラ、モンティーリャ、マラガ、カスティージャ・デ・グスマン)に広がります。しかし時を経て、ヘレスとモンティーリャの醸造家たちが特に注目に値する成果を出しました。なぜなら彼らはこの品種を持ち込んだ人々から直接、栽培指導を受けていたからです。この品種から造られるワインは、「ペドロ・ヒメネス」の名前とともに発展してきました;ペーター(Peter)がペドロ(Pedro)に、シーメンス(Siemens)がヒメネス(Ximénez)になっていったのです。栽培と天日干しの方法を直接指導された彼らは、その伝統を父から子へと受け継ぎ、このユニークな商品を絶やすことなく今日に至ります。【ヒメネス・スピノラ社資料より 】

ウイズダム アモンテイリャード・ミディアム シェリーウイズダム 750ml (シェリー酒)

レビュー平均0点/0
¥1620
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインです。ウイズダム アモンテイリャード・ミディアム シェリーウイズダム 750mlぶどう品種:パロミノ100%フィノとして熟成したワインが後にフロールが消滅し熟成したもの。琥珀色で繊細な香りと適度なボディの辛口。ヘーゼルナッツ風味がする。WISDOMとは1854年に設立され、シェリーでは大変著名なブランドとして英国中心に販売されていました。1932年に世界最大のシェリーメーカーで、ティオペペの生産者であるゴンザレスビヤス社が買収し、このWISDOMブランドを今日まで維持しています。WISDOMのラベルにあるフクロウは知識の象徴で、旗にある三本の横線は水を表しています。

マンサニージャ ミカエラ バロン 750ml (シェリー酒)

レビュー平均0点/0
¥1555
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインですマンサニージャ ミカエラ バロン 750ml   ブドウ品種:パロミノ種マンサニージャとはフィノタイプの辛口のこと。軽やかなキメの細やかさが特徴です。

ウイズダム クリーム シェリーウイズダム 750ml (シェリー酒)

レビュー平均0点/0
¥1620
Wイイかも

スペイン ヘレス産のワインです。ウイズダム クリーム シェリーウイズダム 750mlぶどう品種:パロミノ90%、ペドロ・ヒメネス10%アルコール度は17度。まろやかな甘口。WISDOMとは1854年に設立され、シェリーでは大変著名なブランドとして英国中心に販売されていました。1932年に世界最大のシェリーメーカーで、ティオペペの生産者であるゴンザレスビヤス社が買収し、このWISDOMブランドを今日まで維持しています。WISDOMのラベルにあるフクロウは知識の象徴で、旗にある三本の横線は水を表しています。

ボデガ・マエストロ・シエラ / アモンティリャード

レビュー平均0点/0
¥3694
Wイイかも

家族経営で未だに品質の高いシェリーを造る!推薦グラスボデガ・マエストロ・シエラ / アモンティリャードBodegas El Maestro Sierra / Amontilladoセパージュ:【パロミノ100%】国地域:スペイン・シェリー 飲み頃情報:今からインポーター:オーデックス・ジャパン もともと樽職人だった創始者が興し、代々女性オナーが切り盛りしてきたボデガ。最も素晴らしいシェリーの一つとして今話題のシェリー!この価格でも驚くほどの深みを見せてくれます。【sherry】 【kiwami】

アルベアル フィノ ラ スルタナ (SC)NV 白 750ml/12本ALVEAR LA SULTANAV752まるでシェリーのようなキリッとコクのある辛口。糖度の高いペドロヒメネス種が、酒精強化せずに自然にもたらした、風味とパワーある逸品。

レビュー平均0点/0
¥11828
Wイイかも

生産国スペイン地域アンダルシア州クラスDOモンティーリャ モリレス葡萄品種ペドロヒメネス100%色白甘辛辛口アルコール度数15ボディ感コメントまるでシェリーのようなキリッとコクのある辛口。糖度の高いペドロヒメネス種が、酒精強化せずに自然にもたらした、風味とパワーある逸品畑に関する情報大陸性気候、アルバリサと呼ばれるチョーク質の石灰岩に覆われた土壌、標高500m、平均樹齢20年葡萄の栽培・収穫に関する情報9月初旬に収穫醸造・熟成に関する情報ペドロヒメネスは糖度が高く、元来の糖分で自然にアルコールが14,5%に到達。酒精強化をしていない点がシェリーとは大きく異なる。25度で8日間発酵、500リットルの古いアメリカンオークの樽で、ソレラシステムで熟成受賞履歴 ワイナリー情報アルベアル アルベアルは1729年にモンテーリャの地に設立されたスペインで最も古い家族経営のワイナリーで、スペインは勿論、アルゼンチンでもよく知られています。所有する畑は250ha、ペドロヒメネスが90%を占めています。現在、200以上のアルベアル姓の家族のみが会社の株を所有しています※掲載画像と実物はデザインが異なる場合がございます。ALVEAR LA SULTANAアルベアル フィノ ラ スルタナ(SC)NV 白 750ml/12

【アルベアル】 アルベアル フィノ ラ スルタナ (SC) [NV] 750ml・白 ALVEAR LA SULTANA

レビュー平均0点/0
¥1015
Wイイかも

■ こちらの商品はお取り寄せ商品になります。 タイプ 赤ワイン ボディ ミディアムボディ 重 ・ ・ ● ・ ・ 軽 色 赤 飲み頃温度 14℃近辺 相性の良い料理 / 調味料 品種 ペドロヒメネス100% 容量 750ml 栽培 9月初旬に収穫 産地 スペイン  アンダルシア 備考 まるでシェリーのようなキリッとコクのある辛口。糖度の高いペドロヒメネス種を、酒精強化せずに造る風味とパワーある逸品。アルベアル Alvear アルベアルは1729年にモンテーリャの地に設立されたスペインで最も古い家族経営のワイナリーで、スペインは勿論、アルゼンチンでもよく知られています。所有する畑は250ha、ペドロヒメネスが90%を占めています。現在、200以上のアルベアル姓の家族のみが会社の株を所有しています。 ペドロヒメネスと言う葡萄の名前は、スペインのペドロ フィメンと言う兵士がラインガウより苗木を持ち帰った事に、由来しています。糖度が大変高い事がこの葡萄の特徴で、ゴブレ式にて栽培されています。 ソレラシステムはアンダルシア独特の製造方法です。ステンレスタンクにて温度管理を徹底して発酵された後、古いアメリカンオーク(512L)にて2万樽が樽熟成され、年間7万HLから9万HL製造されています。ISOを1998年に取得。

ドン・ペーエキス・コンベント セレシオン19461946 Don PX "Convento" Seleccion

レビュー平均0点/0
¥37260
Wイイかも

産地:スペイン、モンティーリャ・モリレス生産者:トロ・アルバーラ品種:ペドロヒメネス100%アトロ・アルバーラは1844年に設立された歴史あるペドロ・ヒメネスの造り手です。モンティーリャ・モリレスで何世紀にもわたる伝統的な手法をかたくなまでに守り続けるクラッシクな造りで、最高のペドロ・ヒメネスを造り続け、スペインの国宝とも呼ばれています。大陸性の乾燥した土地で作られたブドウは糖度が非常に高い状態で収穫され、丹念に麦わらの上に置かれます。約2週間、太陽光の下で干され、さらに糖度を上昇させます。干しブドウのようになったブドウをプレスにかけ圧搾を行い、発酵が始まると酒精強化を段階的に施し、糖分をワインの中に閉じ込めます。その後長い熟成の期間を経て瓶詰めされています。これらのワインはきわめて少量の生産量しかなく、1930年代の樽まで最高の状態で大切に保存されています。ワインはオーダーを受けてから瓶詰めされ、それまで樽は一切手を触れられることなく熟成されます。創設者の子孫であり、現在の所有者であるサー・アントニオ・サンチェスによって、狂信的ともいえる高潔さを持って、このスペインの国宝は維持されているのです。ドン・ペーエキス・コンベントは限定生産で、リクエストに応じて瓶詰めをしています。19ボトルにはシリアルナンバーが記載されます。品種:ペドロ・ヒメネス100%★パーカーポイント100点(2011年瓶詰) ワイン・アドヴォケート208号2013年8月1946 ドン・ペーエキス コンベント セレシオンは第二次大戦時に天日干しをして乾燥させたペドロ・ヒメネスのブドウのもので、2011年9月にやっと瓶詰めされた。究極のワインで、最初に感じるのが極度のとてつもない凝縮感である。香りも味わいも信じられないほど力強く、旨みがたっぷりで、甘いシナモン、クリスマスケーキ、樟脳、ガソリン、レモングラス、ベルギーチョコレート、バターが表れる。驚く程複雑で、芳醇で、甘くバランスのとれた滑らかな味わいであり、とても甘く、同時にどこか塩気を感じる。そして時間と共に発展し、黒オリーブが表れる。1962年の質感と、1949年のエレガンスを合せたようだ。可能な限りのデカダンスを感じる。825本生産。長生きするワインで、何世代にも亘り楽しめるだろう。極少量の生産だが、このような古いワインを今でもまだ買うことが出来ることに驚きだ。そして、このワインの価値において、お買い得と言っても良いだろう。甘口ワインの傑作だ。もしこれを手に入れる幸運があれば、飲み頃は2013−2060年。このワイナリーは特別で、少し奇抜で変わっており、1922年に家族経営のワイナリーとして設立されたが、ルーツを辿れば19世紀まで遡ることが出来る。ワイナリーの中心部はコルドバ南部のアギラル・デ・ラ・フロンテラにある古い発電所にある。ここはモンティーリャ・モリレスのアペラシオンの中心部になり、収集家、発明家、起業家であるアントニオ・サンチェスが経営している。年間65万リットルのワインを販売し、40%が27ヵ国に輸出されている。アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、そしてアジアでも販売量を伸ばしており、輸出マネージャーのアントニオ・ソルガトは「主に甘口ワインを輸出しており、フィノは難しい。」と語る。これは彼らに限ったとこではなく、モンティーリキャ・モリレスは甘く濃い粘性のあるペドロ・ヒメネスがより有名だからだ。彼らが生産する全てのワインはもちろんペドロ・ヒメネスの白ブドウで、甘口ワインは、ブドウが天日干しされ、乾燥レーズンになる。そうして出来たワインは茶色で、樽の中で熟成と共に濃く、凝縮していく。一番古いものは、不透明な黒色で、琥珀色に縁取られ、潤滑油のように濃い。そして最も印象的なコレクションである単一畑のヴィンテージ・ペーエキスは、第二次世界大戦時まで遡る。

@スポンサー