[2006] コルトン ロニエ 特級畑  750ml (ドメーヌ・シュヴァリエ)赤ワイン【コク辛口】【楽ギフ_のし宛書】【ワイン】【RCP】^B0CECTA6^

レビュー平均5点/1
¥8618
Wイイかも

エントリー&買い回りで最大10倍!半額以下!ブル産BIO職人ビール!2011ボルドー最安値セール!2セットで500円引き!お花見セット3種!詳細と【送料無料にする方法】はこちらお得なセットに同梱で送料無料に!お得なセットに同梱で送料無料に!【英字】DOMAINE CHEVALIER CORTON LE ROGNET GRAND CRU

コルトン[2012]トロ・ボー

レビュー平均5点/1
¥12744
Wイイかも

■パーカーズ・ポイント91〜93点     ■■■リアルワインガイド92〜94点■■■ 今は持っている要素の半分ほどが香ってくる。しかしそれだけでKOされそうになる。このミネラルによる艶やかさと高級感には頭が下がるし、複雑な大地香が凄い。口に含むとまだやや硬いのにメチャ旨い。液体は緻密で、美しく、力強く、また12年的凝縮感はパッと見では少ないが、液体が凝縮感を見事に昇華している。このワインはその価格からして、いつも半端なくいい。

アロース コルトン[2012]ブリュノ・クレール(750ml)赤※同一ワイン12本ケース購入で3%さらに割引P27Mar15

レビュー平均0点/0
¥7258
Wイイかも

※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Aloxe-Corton[2012]Bruno CLAIR   品種: 赤/ピノノワール   容量: 750ml産地:ブルゴーニュ区画はコルトンの丘の中腹にある、クラプスエとヴァロズィエール。ダークチェリー、ラズベリーの果実香に甘草を思わせるスパイシーさ。コルトンらしい引き締まった味わいで、力強く男性的。長期熟成のポテンシャルは高い。

アロース コルトン[2012]トロ・ボー(750ml)赤※同一ワイン12本ケース購入で3%さらに割引P27Mar15

レビュー平均0点/0
¥6221
Wイイかも

※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Aloxe-Corton[2012]TOLLOT-BEAUT   品種: 赤/ピノノワール   容量: 750ml産地:ブルゴーニュトロ・ボーの村名ワインの中で最も力強いタイプを選ぶならアロース・コルトン。カシスやダークチェリーの香りにややスパイシーなニュアンス。キメ細かながらも存在を感じさせるタンニン。ストラクチャーはしっかり。

コルトン・ル・ロニェ・タストヴァイン[2006]ベルトラン・アンブロワーズ(赤ワイン)[S]

レビュー平均0点/0
¥9482
Wイイかも

■ワイン名(原語)/Corton Grand Cru Le Rognet 2006 Bertrand Ambroise ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/ベルトラン・アンブロワーズ ■産地/フランス/ブルゴーニュ ■原産地呼称/AOCコルトン特級畑 ■生産年/2006 ■内容量/750ml

コルトン・ブレッサン[2010]ドメーヌ・ニュダン(赤ワイン)[Y]

レビュー平均0点/0
¥7538
Wイイかも

かなりお得♪ ■ワイン名(原語)/Corton Bressandes Grand Cru 2010 Domaine Nudant ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/ドメーヌ・ニュダン ■産地/フランス/ブルゴーニュ ■原産地呼称/AOCコルトン・ブレッサン特級 ■生産年/2010 ■内容量/750ml

【お取り寄せF3】ブシャール P&F(ドメーヌ) ル コルトン [2011] 750ML (赤)

レビュー平均0点/0
¥12960
Wイイかも

DOMAINE BOUCHARD PERE & FILS LE CORTONクール便 送料はこちらをご覧ください

[2010] DRC コルトン Cortonドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ

レビュー平均0点/0
¥203040
Wイイかも

Year Wine Name Rating Maturity 2010 Domaine de la Romanee Conti Corton Grand Cru (90-92) 2018 - 2030 Wine Advocate #199 Feb 2012 The 2010 Corton comes across as a bit light in this vintage. Attractive floral, spiced notes emerge from the glass in this perfumed, delicate wine. The Corton is pretty, but it is a clear notch or two below the rest of the wines in the lineup and is equally distant from the level of the thrilling 2009. The Corton is made in two vinifications, an old-vine cuvee and a young-vine cuvee. This blend was assembled about a week before I tasted it. Anticipated maturity: 2018-2030.

コルトン クロ デュ ロワ グラン クリュ[2011]ラ・プス・ドール(750ml)赤※同一ワイン12本ケース購入で3%さらに割引P27Mar15

レビュー平均0点/0
¥11664
Wイイかも

※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Corton Clos du Roi Grand Cru[2011]La POUSSE d'OR   品種: 赤/ピノノワール   容量: 750ml産地:ブルゴーニュLa POUSSE d'OR/ラ プス ドール 1997年からが新時代の始まり 最先端を纏うヴォルネイの歴史的古参。 かつてロマネ・コンティのオーナーであったデュヴォー・ブロシェ家の所有地の一部が、ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール。1964年、投資家たちにより再構築され、その時に醸造長となったのがジェラール・ポテルであった。やがて、ポテルが株式の半分を取得し、もう半分をオーストラリアの投資家たちが所有していたが、1997年にポテルが急死。ドメーヌは売りに出され、これを購入したのが現オーナーのパトリック・ランダンジェである。彼は医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功した人物だがヴォーヌ・ロマネに別荘をもっており、いつかは畑を買い、この別荘をドメーヌにしたいと夢想していた。そんな折、プス・ドール売却の話を耳にしたという。手に入れるや否や、200万〜300万ユーロの資金を投じて、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備も一新。1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組みになっている。ランダンジェが投資したのは設備だけに止まらず、ブドウ畑の拡張も盛んに行われている。1998年にコルトン・クロ・デュ・ロワ(1.45ha)とコルトン・ブレッサンド(0.48ha)を手に入れ、2004年にピュリニー・モンラッシェ1級カイユレ(0.73ha)。そして2008年にはシャンボール・ミュジニーのドメーヌ・モワンヌ・ユドロを買い取り、村名シャンボール・ミュジニー(1.41ha)、1級のグロゼイユ(0.52ha)、フースロット(0.42ha)、シャルム(0.19ha)、レ・ザムルーズ(0.20ha)、そして特級ボンヌ・マール(0.17ha)をラインナップに収めた。その代わり、2009年にサントネイ1級のグラヴィエールは売却。ブドウ栽培はすべてビオロジック農法がとられている。赤ワインの醸造では木桶とステンレスタンクを併用し、7日間の低温マセレーションの後、日に2回のピジャージュをしながら長いキュヴェゾンを施す。樽熟成は1級で1/3、特級で40%前後。トータルで15ヶ月間。白ワインは圧搾後、24時間のデブルバージュを経て、樽発酵、樽熟成。ただしただの小樽ではなく350リットルの中樽を用いる。新樽比率は50%。ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドールのワインはピュアで洗練されている。果実味、酸、そしてタンニン、それぞれの要素が高次元でバランスよくまとまり、若いうちから十分に楽しめ、熟成にも耐え得るタイプだ。とくにブルゴーニュ大公家が所有し、その後フランス王家のものとなったとされる、このドメーヌのモノポール「クロ・ド・ラ・ブス・ドール」は、力強さとエレガンスのせめぎ合いが面白いワインである。さまざまなアペラシオンが増えたとはいえ、ヴォルネイを語る上で欠くべからざるドメーヌのひとつだ。 ●グラン・クリュコルトン・ブレッサンド0.5haコルトン・クロ・デュ・ロワ1.5ha●プルミエ・クリュポマール・レ・ジャロリエール1.4haヴォルネー・クロ・ド・ラ・ブス・ドール2.1haヴォルネー・クロ・ドゥデニャック0.8haヴォルネー・アン・カイユレ・クロ・デ・ソワサント・ウーヴレ2.4haヴォルネー・アン・カイユレ2.2haピュリニー・モンラッシェ・ル・カイユレ0.7haサントネー・クロ・タヴァンヌ2.1haサントネー・レ・グラヴィエール・ルージュ1.3haサントネー・レ・グラヴィエール・ブラン0.2ha

アロックス コルトン[2011]ドメーヌ ラペ(750ML)赤※同一ワイン12本ケース購入で3%さらに割引P27Mar15

レビュー平均0点/0
¥4872
Wイイかも

※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 DOMAINE RAPET ALOXE-CORTON[2011]   品種: 赤/ピノノワール   容量: 750ML産地:フランス/アロース コルトンラペ家がアロース・コルトン村に所有する複数の区画からのブレンド。フレッシュでしっかりした果実の充実感が感じられ、適度な酸と厚みもあり、楽しめる魅力をもった一瓶です。ドメーヌ ラペのワインに共通するやさしく誠実な印象があります。

コルトン・ラ・クロ・デュ・ロワ[2001]プス・ドール(赤ワイン)[Y]

レビュー平均0点/0
¥11124
Wイイかも

■ワイン名(原語)/Corton Clos du Roi 2001 Pousse d'Or ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/プス・ドール ■産地/フランス/ブルゴーニュ ■原産地呼称/AOCコルトン特級畑 ■生産年/2001 ■内容量/750ml

フェヴレイ メルキュレ・ラ・フランボワーズ2011 No.99621

レビュー平均0点/0
¥3564
Wイイかも

商品名 Mercurey La Framboisiere (Monopole)2011 どんなワイン? フェヴレが所有する11.11haのモノポールで、最も古い樹は49年に植えたもの。鮮やかなルビー色。畑名そのままにフランボワーズ=ラズベリーの瑞々しいアロマ。ほかにも赤スグリやチェリー、カシスやミュールなどさまざまな果実香が広がる。ストラクチャーはしっかりとし、飲みごたえのある一本。 生産者 フェヴレ 生産地 ブルゴーニュ/ コート・シャロネイズ 品種 ピノ・ノワール種 容量 750ml 

ラ・メゾン・ロマネ(オロンシオ) コルトン グラン・クリュ レ・ペリエール 2012

レビュー平均0点/0
¥17280
Wイイかも

インポーターオルヴォー容量750 mlタグ赤ワイン, フランス, ブルゴーニュ, コート・ド・ボーヌ, ピノ・ノワール, アロース・コルトンピノ・ノワール100%。樹齢40-60年。100%全房のまま天然酵母を用いて3週間樽で発酵。17ヶ月の熟成。2012年は2011年と同様に困難を伴い、葡萄の育成に最新の注意が必要な年でした。徹底した選果をし、非の打ちどころがない健全な葡萄のみをタンクに入れました。でキュヴァージュ(発酵後にワインを槽から他へ移し固形物を分離すること)前には素晴らしく有望な結果となり、プレスされた液体はとても美しいものとなりました。 — オロンス・ド・ベレール弊店は複数の店舗を運営しており在庫を共有しています。在庫情報は出来る限り正確な数を表示するよう心がけておりますが、まれにご注文いただける状態であっても欠品している場合がございます。その際には誠に申し訳ございませんが、ご注文をキャンセルさせていただく場合がございますので、ご理解下さいますようお願いいたします。La Maison Romane (Oroncio) Corton Grand Cru Les Perrieres 2012このワインの3分の1は、テラコッタで造られた甕(かめ)で熟成させています。この甕(かめ)はフランス南部ですべて手で造られたものです。そのため各甕(かめ)は100から140リットルと容量は異なります。私はこの甕(かめ)を精製する温度と、この甕(かめ)を造る土にまで徹底的にこだわりました。このブルゴーニュでも類を見ない手法は、新樽での熟成とは異なり、樽香を付けることなく適度な酸化を促します。私はピノ・ノワールに樽のニュアンスが付加されることを嫌悪するからです。ラ・メゾン・ロマネ(オロンシオ)ラ・メゾン・ロマネ(ラ・メゾン・ロマーヌ、オロンシオ)のオーナー、オロンス・ド・ベレールは、馬による葡萄畑の耕作を主な仕事としており、様々な生産者(顧客にはクロ・デ・ランブレイ、ティボー・リジェ・ベレール、ドメーヌ・デ・ゼプノー、コント・ラフォンなど、いくつもの有名ドメーヌが名を連ねている)の葡萄畑を耕作しています。そのため、年に数回は葡萄の品質をチェックすることができ、また無料で耕作する換わりに優れた区画の葡萄を分けてもらうことが出来ます。現在耕作の会社は売却しコンサルタントとして関わっているそうです。オロンス・ド・ベレールは、ボーヌで勉強し、ワイナリー経営と醸造学のディプロマを取得しました。そしてポマールのコント・アルマン、コルトンのシャンドン・デ・ブリアイユ、ルーションのドメーヌ・ゴビーでワイン造りを学びました。彼がこれらのドメーヌを選んだ理由は、伝統的なワイン造りの技術と最新の醸造学を学ぶためでした。これらのドメーヌではビオディナミ栽培を採用しています。哲学オロンス・デ・ベレールの哲学は、収穫を尊重することそのものです。私は、常に柔らかく抽出することを心がけています。彼は、機械の振動が、ワインの特性を失わせると信じています。そのため工業的な醸造用具は一切使いません。ポンプによるワインの移動はワインを疲弊させてしまうため、重力でのみワインを移動させます。ワイン造りにおいて最も大事な熟成の段階では、科学的なアプローチではありません。彼は月の運行カレンダーに従った自然な方法を用います。樽について彼は樽のニュアンスがワインの味に影響を与えることを嫌います。彼が使用する樽はアリエ産、ヴォージュ産のもので、3年間かけて自然乾燥させたものを使用します。2006年がファースト・ヴィンテージでペルナン・ヴェルジュレス・ブラン、ニュイ・サン・ジョルジュ・ルージュ、ジュヴレ・シャンベルタン、コルトン・シャルルマーニュ、そして『スター・テール』と名付けたACブルゴーニュがリリースされました。2007年より、ブルゴーニュで手に入れた葡萄で仕込み、熟成させたワインをラ・メゾン・ロマネ、果汁から仕込むブルゴーニュ以外のロワールやローヌのワインをオロンシオ、モノ・セパージュのワインをスター・テールとして、3つのラインで構成されています。

コルトン・ルナルド [1999] ルイ・マックス <赤> <ワイン/ブルゴーニュ>

レビュー平均0点/0
¥9698
Wイイかも

ワイン名Corton Rebardes 1999 / Louis Maxワイン種別赤ワインブドウ品種ピノ・ノワール100%生産者ルイ・マックス産地フランス・ブルゴーニュ / コート・ド・ボーヌ / アロース・コルトン原産地呼称コルトンアルコール度数13%容量750mlその他備考【ブルゴーニュ・グラン・クリュ】

コルトン・シャルルマーニュ[2012]フェヴレ

レビュー平均0点/0
¥30240
Wイイかも

■インター・ナショナル・ワイン・セラー93〜96点

ルー・デュモン ラドワ・ルージュ[2010]

レビュー平均0点/0
¥3888
Wイイかも

「ラ・モール」と「レ・トップ・コワフェ」の2区画から。平均樹齢30年。収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵。フランソワ社製アリエ森産の新樽50%、エマニュエル・ルジェがエシェゾーに1回使用した樽20%、モロー社製2回使用樽30%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。 抑えぎみの甘やかさに湿った大地の香りが絡む、相変わらずシブい存在のラドワ。滑らかな口当たりの優しさと力強さのあるタンニンが相反することなく上手く融合しているので、抜栓したばかりでも十分にその美味しさは伝わってくるけれど、時間をおくと更に美味しいのだ。フレッシュでありながらもしみじみ感が増してきて、とてもほっこりと温かい気持ちにさせてくれる。なんとものどかな心地よさなのであります。 今飲んで88+ ポテンシャル89 飲みごろ予想 今〜2025 リアルワインガイド41号仲田晃司。大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念です。仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれました。「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田さん。現在ルー・デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、シンガポールといったアジア諸国を中心に販売されています。2008年8月、ジュヴレ・シャンベルタン村に念願の自社カーヴを取得しました。 ルー・デュモンの10年は、素晴らしかった05年の再来だ。もちろんヴィンテージキャラの違いによりスタイルは異なるが、品質は全くの互角といえる。液体はタメ息が出るほど美しく、ジューシーでみずみずしい。一部の力のあるグラン・クリュを除いて、やや薄めの濃度を持ち、エレガンスとフィネスにまみれている。傑作と言っていい10年のルー・デュモンだ。仲田氏曰く「10年は酸がきれいで過剰すぎず、赤系来実の香りがいいクラシカルなピノ・ノワールです。最近は良い年というのは黒系果実主体のワインなんですが、10年は赤系果実主体で良い年です。新樽を使っていますが、決して樽香は強くありません。また、コート・ド・ボーヌよりコート・ド・ニュイの方が良いですね。ともかく若い内から楽しめます。10年でタンニンが多い生産者はピジャージュのやりすぎです。本当にブドウは理想的な成熟をしました。フドウを潰すと種が茶色くて、それが証拠なんです。生産量 は平均して09年比で40%減です」。。 リアルワインガイド41号

ブノワ・ジェルマン(シャトー・ド・ショレ) アロス・コルトン・プルミエ・クリュ・レ・ヴェルコ[2007] 赤ワイン/辛口[750ml]

レビュー平均0点/0
¥5572
Wイイかも

Benoit Germain Aloxe Corton 1er Cru Les Vercots (DOMAINE DU CHATEAU DE CHOREY)生産地:フランス>ブルゴーニュ地方>コート・ド・ボーヌ地区>アロース・コルトン村蔵元:ブノワ・ジェルマン(シャトー・ド・ショレ)ヴィンテージ:2007年格付:AOCアロース・コルトン・プルミエ・クリュ種類:赤ワイン品種:ピノ・ノワール100%容量 750ml ブノワ・ジェルマンラベルは、ブノワ氏が買付たブドウを、瓶詰め、熟成させたワインです。そのポテンシャルは高く、数年の熟成を経て、ピュアでエレガントな本来の味わいを楽しめます。往年のブルゴーニュ・ファンにはドメーヌ・ジャク・ジェルマンの名前でお馴染みのショレ・レ・ボーヌ村で最高峰といわれ長い歴史を持つ名門。ブノワ・ジェルマン氏の代となり、2001年よりビオロジックへ転換するなどより一層ナチュラルでテロワールを表したワイン造りを行う。ドメーヌでは常に古樹を大事にし、丹念な畑仕事により収量を抑える事を実践し、その端正なスタイルと安定した品質からソムリエにファンが多く、フランス本国数多の星付きレストランにオンリストされている。2010年に惜しくも急逝したブノワ氏に跡継ぎが居なかった為、ボーヌに絶好な区画を多く持つドメーヌの畑はルイ・ジャド社が買収。この度はシャトー・ド・ショレの地下カーヴよりブノワ氏が手掛けた貴重なワインの限定入荷。

コルトン・マレショード [2007] ドメーヌ・プランス・フローラン・ド・メロード <赤> <ワイン/ブルゴーニュ>

レビュー平均0点/0
¥13824
Wイイかも

ワイン名Corton Les Marechaudes 2007 / Domaine Prince Florent de Merodeワイン種別赤ワインブドウ品種ピノ・ノワール100%生産者ドメーヌ・プランス・フローラン・ド・メロード産地フランス・ブルゴーニュ / コート・ド・ボーヌ / アロース・コルトン原産地呼称コルトンアルコール度数13%容量750mlその他備考【ブルゴーニュ・グラン・クリュ】DRCにコルトンの畑を貸し出した、ドメーヌ・プランス・フローラン・ド・メロード!DRCに貸し出した区画とは別の区画の、貴重なバックヴィンテージが限定数入荷!2008年の年末に、ワイン好きに取って驚くべくニュースがあったのを覚えていらっしゃいますでしょうか? それは… 「DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)がコルトンを造る」 というニュースです! ご存知の方も多いとは思いますが、DRCが造る赤ワインは、 ●ロマネ・コンティ ●ラ・ターシュ ●リシュブール ●ロマネ・サン・ヴィヴァン ●グラン・エシェゾー ●エシェゾー の6種類。これ以外に、出来の良い年だけにリリースされる「ヴォーヌ・ロマネ1er」もありますが、これはあくまでも例外的なものです。 そんな中、、、 「DRCが2009年からコルトンの特級畑を借りて、2012年頃からコルトンをリリースする!」 という、衝撃的なニュースが発表されたんです! もはや説明は不要かと思いますが、DRCと言えば、ワイン好きなら誰しもが憧れる超高級ワイン。 楽天内でリリースされているDRCの価格を見てみても、ロマネ・コンティは安くても70万円以上、一番安いエシェゾーでも5万円以上と、決して気軽には飲めないワインです…。 ●そんな、DRCが「コルトン」をリリースする為に30年の賃貸契約を結んだのが、「ドメーヌ・プランス・フローラン・ド・メロード」のコルトンの畑だったんです!! DRCの造るコルトンは、古樹のブドウのみを厳選して使用し、ブレッサンド、クロ・デュ・ロワ、ルナルドの2.5ヘクタールから造られたブドウをブレンド。生産量もロマネコンティの約6000本を僅かに上回る程度とのこと!ファーストヴィンテージとなる2009年は、現在販売されている価格が、、、 ●15〜20万円程度! 今回ご案内するコルトンの区画、マレショードは、DRCに貸し出したのとは別の区画。現在は別の生産者に貸与されている為、プランス・フローラン・ド・メロードとしてのリリースは今後無い、貴重なワインとなります! DRCにコルトンの畑を貸与した、話題のドメーヌ・フローラン・ド・メロードの貴重なコルトン! DRCのコルトンとは別の区画ですが、今はもうリリースされていない、貴重なワイン! 当店でも争奪戦の上、僅かの量しか確保できませんでしたので…お急ぎください!この部分はインラインフレームを使用しています。

[2010] Corton Grand Cru Clos Rognet - Meo Camuzetコルトン グラン・クリュ クロ・ロニエ - メオ・カミュゼ

レビュー平均0点/0
¥25704
Wイイかも

【 Meo Camuzet メオ・カミュゼ 】今は亡き「ブルゴーニュの神様アンリ・ジャイエ」がコンサルタントを努めていた高水準のドメーヌです。15ヘクタールとブルゴーニュに於ては大きい方に属するドメーヌはその半分以上を特級畑と1級畑が占めています。特級畑は3区画——リシュブールは0.4ヘクタールで樹齢40年。クロ・ド・ヴージョは上部に3ヘクタールとまとまった広い区画を持ち、その半分近くは70年以上の古木です。まず徹底的に収量を抑える。’91年からは全ての畑でヴァンダンジュ・ヴェールトを実施するようになり、’95年の収量は最も低い区画でヘクタール当たり15ヘクトリットルだった。次に発酵前の低温による漬け込みで、十分な色素とアロマを抽出。野生酵母のみでの長期間に渡る高温発酵。そして特級と1級は100パーセントの新樽、村名畑とACブルゴーニュには50パーセントの新樽をあてがい、18カ月前後の樽熟。ワインはその評判が評判を呼び、非常に入手し難いものとなっています。※I.W.C.=>インターナショナル・ワイン・セラー誌でのステファン・タンザー氏の評価 フルボディ・赤I.W.C.=92-94

[2011] Savigny Les Beaune 1er Cru Les Champs Chevrey - TOLLOT-BEAUTサヴィニー・レ・ボーヌ プルミエ・クリュ レ・シャン・シュヴレイ - トロ・ボー

レビュー平均0点/0
¥5378
Wイイかも

【 TOLLOT-BEAUT トロ・ボー 】ショレ・レ・ボーヌに本拠地を置き、1世紀近くにわたってレヴェルの高いワインを送り出し続けいている偉大な生産者。コルトン・シャルルマーニュなどの特級は言うまでも無く素晴らしい物だけどむしろ『サヴィニー・レ・ボーヌ』などのいわば下のクラスが秀逸な為に現在の名声があるのではと思います。クラッシックなニュアンスとクリーンな果実が印象に残ります。派手さはありませんが滋味深いお勧めの生産者です。 ミディアム・赤

[2009] コルトン・ラ・ヴィーニュ・オー・サン / ドメーヌ・メオ・カミュゼ (フランス ブルゴーニュ 赤)

レビュー平均0点/0
¥22680
Wイイかも

※商品画像は実際にお届けする商品とは異なる場合がありますので予めご了承ください。このドメーヌは、今世紀初めにコート・ドールの国民議会議員であったエチエンヌ・カミュゼ氏によって設立され、その後に彼の娘が畑を継ぎましたが、彼女に子供がいなかった為に最も近い親戚であったジャン・メオ氏(現当主ジャン・ニコラ・メオ氏の父親)が畑を相続しました。最初は小作人に仕事を任せ、収量の半分を小作料として受け取って樽でワインを販売していましたが、1985年からドメーヌ元詰で販売を始めました。その後、アンリ・ジャイエ氏の指導を受けた息子のジャン・ニコラ・メオ氏が1989年からドメーヌの仕事を引き継ぎました。畑の仕事は、以前から小作人として働いていたクリスチャン・フロワ氏がそのままドメーヌに残り、これまでの経験を活かしたアドバイスをしながら、一緒に仕事をしています。除草剤などを一切使わない減農薬農法を取り入れていて、剪定や除葉なども行って畑の中の空気循環の状態を良くして乾燥させることによって腐敗を防止し、健康で良質な葡萄を作ることを心掛けています。収穫は全て手摘みで、選別は畑と醸造所で行います。選別は非常に厳しく行い、腐敗したものはもちろん、未熟果などもすべて取り除きます。葡萄はほぼ100%除梗し、コンクリートタンクの醗酵槽に入れて低温浸漬させ、その後に自然酵母でアルコール醗酵をさせます。特級と1級は100%新樽、その他は約50%の新樽比率で18か月間熟成させ、ノンフィルターで瓶詰されます。こうして、濃縮で繊細な、魅力的なワインが出来上がります。(輸入元株式会社フィネス資料)

コルトン『ラ・ヴィーニュ・オー・サン』[2009]ドメーヌ・デ・クロワ

レビュー平均0点/0
¥10130
Wイイかも

ベリー・ブラザーズ&ラッドさん輸入のワインです。リアルワインガイド35号より ≪今飲んで:91+点 ポテンシャル:92+点 飲み頃:2014〜2034≫09年が初リリース。タンクからの試飲。これも香りは今は閉じ気味。しかし半端ないミネラルが多量に存在し、また香りには品格がある。口に含むと液体は一見エレガントで優しいが、多量の高質なタンニンが存在し、骨格がしっかりとしている。また味は集中しており、ともかく旨い。複雑な味と液体の高品位さ。つまり、とても良いワインということ。

@スポンサー